社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ザッカーバーグはジョージア州ラフェンスペルガー州務長官事務所に560万ドルを寄付していた/資金は2020大統領選に使われた

政治
スポンサーリンク

パウエル弁護士のテレグラム

🇺🇸🇺🇸🇺🇸 Sidney Powell ⭐️⭐️⭐️
スポンサーリンク

ラフェンスパーガー氏の事務所が、マーク・ザッカーバーグ・グループから500万ドル以上を受け取った

2021年4月13日

フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグに直結するグループが昨年、ジョージア州の州務長官室に560万ドル近くを寄付していたことがわかった。

ジョージア州長官のブラッド・ラフェンスペルガーは、そのお金を2020年の大統領選挙のために使いました。

あのザッカーバーグの関連団体、ワシントンD.C.を拠点とするCenter for Election Innovation and Research(CEIR)」が寄付した。CEIRのウェブサイトによると、それを使って、ラフェンスペルガーと彼のスタッフはさまざまな仕事を遂行したという。

スポンサーリンク

ザッカーバーグは関連団体を通じて、激戦州に多くの寄付をしている

ブライトバート・ニュースが報じたように、ザッカーバーグとその妻プリシラ・チャンは、2020年の大統領選挙における選挙管理のために、州・郡・市の政府に物議を醸すような民間資金を提供する2つの非営利団体に4億1900万ドルを寄付した。

ザッカーバーグの資金のうち3億5,000万ドルはCenter for Technology and Civic Lifeに送られ、ジョージア州の主要郡で少なくとも2,400万ドルを支出しました。また、「Center for Election Innovation and Research」には6,900万ドルが投入され、23州の州務長官室を通じて州レベルの運営に民間資金を提供した。

その中には、ジョー・バイデン米大統領が僅差で勝利した4つの重要な激戦州であるペンシルバニア州の1,300万ドル、ミシガン州の1,100万ドル、ジョージア州の560万ドル、アリゾナ州の400万ドルが含まれていた。

Georgia SOS Brad Raffensperger's Office Explains Taking More than Million from Mark Zuckerberg Group for State's 2020 Presidential Election - The Georgia Star News
A group directly linked to Facebook founder Mark Zuckerberg donated nearly .6 million to the Georgia Secretary of State’s Office last year.
スポンサーリンク

裏切りラフェンスペルガーは郡の代表選で共和党から否決され、再任が消滅している

ジョージア州アルファレッタ–ブラッド・ラフェンスペルガー州務長官は、今朝、フルトン郡共和党党員集会で自分の選挙区で代議員としての選挙を拒否されました。ラフェンスペルガーは、代議員の指名を確保することすらできませんでした。

「私たちは州中で聞かれるメッセージを送っています。ラフェンスは出て行かなければならない」とある参加者は言った。

ラフェンスペルガーは代表者になることを要求するメモを送ったが、誰も彼を指名せず、彼は党員集会に出席しなかった。

アリゾナでは選管がザッカーバーグが関与する非エリ団体から、300万ドルを受け取っていた

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました