社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「バイデンの有権者ID否定」の考えにNO!を突きつける黒人指導者、ますます増える/スポーツ、政治、ビジネス等の各分野で

政治
スポンサーリンク

有権者証明書を受け入れ、バイデン氏の主張を否定する黒人指導者の増加

2021年4月25日

スポーツ、政治、ビジネスの分野で、黒人指導者たちが、ステイシー・エイブラムスの投票に関する見解に対する反撃を始めている。

マーク・ロビンソンは、有権者証明書の政治的魅力についてよく知っている。彼は昨年11月、ノースカロライナ州史上初のアフリカ系アメリカ人の副知事に就任し、共和党員として州の選挙に有権者証明書を復活させることを公約に掲げた。

“ロビンソンは今月初め、Just the Newsの取材に対し、「黒人が投票するために身分証明書を取得できないというのは、率直に言って、政府が提供している無料の身分証明書でも、まったくのナンセンスです。”私はそれを全面的に拒否します。そして、ノースカロライナ州のほとんどの人々も同じだと信じています」。

スポンサーリンク

ノースカロライナ州だけではありません。全米の有権者は、選挙の公正さを保つための手段として、投票者IDを圧倒的に支持しています。

Just the News-Scott Rasmussen社が1月に行った世論調査によると、民主党員の70%、アフリカ系アメリカ人の72%を含め、なんと77%のアメリカ人が投票者IDの義務化を支持していることがわかりった。

有権者IDなしの投票法に、75%が反対👇

オハイオ州初のアフリカ系アメリカ人の州務長官であるケン・ブラックウェル氏は、ニュースメディアと一部の企業が誤って物語をねじ曲げ、ジョージア州の新しい選挙公正化法で人気のあるものを人種差別的なものに見せかけていると述べています。しかし、彼はそれが裏目に出ると予測している。

これこそが、メジャーリーグやコカ・コーラ、デルタ航空が理解しなければならないことです。アメリカ国民は、常識的な慣行や普通の勤勉な人々に人種差別的であるというレッテルを貼られることを黙って受け入れるつもりはないのです」と彼は付け加えました。”あまりにも多くの人々が、選挙システムの完全性が守られていることを確認するために、多くのことを犠牲にしてきたのです」。

トランプ氏は選挙有権者IDに圧力をかけたMLB、デルタ航空、コカコーラにボイコットを呼びかけた👇

スポンサーリンク

真の差別主義者は民主党だ/黒人が賢くなく、教育を受けていないという左派の語り口だ

元NFLのスター選手で、現在はユタ州選出の1年生下院議員であるバージェス・オーエンス氏は、先週上院で証言を行い、有権者ID法は “21世紀のジム・クロウ “であるというバイデン大統領の主張に反論した。

“私が非常に不快に感じるのは、黒人は十分に賢くなく、十分に教育を受けておらず、十分に教育を受けようとしていないという左派の語り口です。”真の人種差別とはこのことです。それは民主党が私の誇り高い人種に投影したものです。これは、期待値の低いソフトな偏見と呼ばれています」。

ジョージア州の選挙管理法が可決された後、エイブラムスに代表される民主党は、この法律が人種差別であるという主張を世間に向けて発信しました。この反発を受けて、メジャーリーグは抗議の意味を込めてオールスターゲームの開催地をアトランタから移した。

しかし、この決定によってアトランタの大部分が黒人のビジネスコミュニティに1億ドルの収入がもたらされたことが明らかになり、この動きはブーメランのようになっている。

Growing number of black leaders embrace voter ID, reject Biden's Jim Crow claims
From sports to politics to business, black leaders are beginning a counteroffensive against Stacey Abrams' views on voting
スポンサーリンク

トランプはジョージア州の投票法に関する新しい声明で次の企業をボイコットするよう呼びかけた

-メジャーリーグベースボール(MLB)
– コカコーラ
-デルタ航空
-JPモルガンチェース
-ViacomCBS
-シティグループ、
-シスコ
– UPS
-メルク

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました