社会の話題と反応を発信していくネットメディア

紀州のドン・ファンの不審死で、元妻を殺人容疑で逮捕/元妻とは歳の差50歳/警察は、覚醒剤の入手ルートや摂取させたいきさつなどを調べている

事件
スポンサーリンク

資産家“紀州のドン・ファン”不審死で元妻を殺人容疑で逮捕

2021年4月28日 12時02分

和歌山県田辺市の資産家で、“紀州のドン・ファン”と呼ばれた会社社長の男性が急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、警察は28日、25歳の元妻を殺人などの疑いで逮捕しました。

捜査関係者によりますと、元妻は事件前に覚醒剤の密売人とSNSで連絡をとり、田辺市内で接触したとみられるということです。警察は、元妻の認否を明らかにしていません。

3年前、和歌山県田辺市の会社社長で“紀州のドン・ファン”とも呼ばれていた野崎幸助さん(77)が自宅で急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、警察は28日午前5時すぎ、東京 品川区に住む元妻の須藤早貴容疑者(25)を殺人と覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕しました。

スポンサーリンク

口から摂取させた疑い。スマホで調べた形跡、密売人とのやりとりも

これまでの調べで、野崎さんが自分で覚醒剤を使った痕跡がなく、須藤容疑者が口から摂取させた疑いがあるということです。

また捜査関係者によりますと、須藤容疑者が野崎さんと結婚したあと、スマートフォンで覚醒剤について調べていたことがわかったということです。

らに、SNSを通じて覚醒剤の密売人と連絡をとり、田辺市内で接触していたとみられることもわかったということです。

警察は、覚醒剤の入手ルートや野崎さんに摂取させたいきさつなどを調べています。

スポンサーリンク

歳の差は50歳

須藤容疑者 逮捕後の様子
須藤早貴容疑者(25)は東京 品川区の自宅マンションで逮捕されたあと白いワゴン車に乗せられて午前5時半すぎに建物を出ました。表情などははっきり見えませんでしたが、座席に座ってうつむいているようでした。

須藤容疑者は少しうつむいた様子で階段を降り、待機していた警察の車に乗せられ、午前9時ごろ捜査が行われている田辺警察署に向かいました。
須藤早貴容疑者は札幌市出身で、野崎さんとは50歳以上年齢の離れた妻でした。

(NHK、以下記事は続く)

資産家“紀州のドン・ファン”不審死で元妻を殺人容疑で逮捕 | NHKニュース
【NHK】和歌山県田辺市の資産家で、“紀州のドン・ファン”と呼ばれた会社社長の男性が急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、警察は28日、…
スポンサーリンク

ネット

やはりか・・・

状況証拠は揃っていたからな

逮捕まで時間をかけたのだから、ぐうの音も出ない証拠を集まったのだろうな

知ってた

タイトルとURLをコピーしました