社会の話題と反応を発信していくネットメディア

テネシー州、不在者投票用紙に透かしを要求する法案可決/今後透かしが入っていない投票用紙は却下される/上院では満場一致、下院でも反対票は1票のみ

スポンサーリンク

テネシー州の選挙保障法案は不在者投票に透かし入れる

透かしが入っていない投票用紙は却下されることになる。

2021年5月1日
今週、テネシー州議会でほぼ満場一致で可決された法案は、選挙の安全性を高めるために、州内の不在者投票用紙に透かしを入れることを義務付けるものである。

SB1315はテネシー州選挙統合法と題され、州内の不在者投票に “選挙コーディネーターが承認した透かしを入れる “ことを義務付けている。

スポンサーリンク

集計委員会の職員が不在者投票に透かしが入っているかどうかを検証し、透かしが入っていない投票用紙を拒否する

この法案では、「現行法では、署名の検証は、集計委員会が不在者投票を数える前に必要な最終的な検証である」としているが、新しい修正案では、「署名の検証は検証プロセスの一部として残るが、最終的な検証ではない」としている。

“この修正案では、集計委員会の職員が不在者投票に透かしが入っているかどうかを検証し、透かしが入っていない投票用紙を拒否することを求めています。” と規定されている。

この法案は、州議会上院では満場一致で可決され、州議会下院でも反対票は1票のみでした。今後は、テネシー州のビル・リー知事のデスクに送られ、署名が求められる。

Tennessee election security bill requires watermark on absentee ballots
Any ballot that does not contain watermark is to be rejected.
スポンサーリンク

アリゾナ州監査では、UVライトで透かしを確認している

ジョーダン:UVライトについても聞いています。あれは何のためのものか教えてください。

ケン・ベネット:UVライトは、紙の評価プロセスの一部です。投票用紙に透かしが入っていないかどうかを確認するために使用していますが、郡の選挙管理委員会は投票用紙に透かしが入っていないと断言しています。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました