社会の話題と反応を発信していくネットメディア

リンデル「なぜ民主党は法廷監査を阻止しようとするのか?監査で証明されればバイデンの当選が承認されるではないか?まったくおかしな話だ/リンデル氏「Frank」より

スポンサーリンク

アリゾナ州でバイデンの承認を阻止しようとする民主党の動き

5月3日

現在、アリゾナ州の民主党がマリコパ郡における2020年の選挙の完全な法廷監査を妨害することを阻止するために、精力的な活動が行われている。

民主党は、Brennan Center for JusticeやProtect Democracy Groupの名の下に、マリコパ郡における2020年の選挙の法廷監査と投票用紙の手作業による集計を阻止するために全力を尽くしている。

「Protect Democracy Group」と「Brennan Center for Justice」は、ワシントンの主要な裏方として知られており、民主党の要請に応じて、社会再構築やアイデンティティ政治を推進するために、何百万ドルもの企業資金を流している。

彼らは、法廷監査のプロセスを妨害し、弱体化させようと、監査によって投票用紙が盗まれたり、汚されたり、取り返しのつかないことになる危険性があると虚偽の主張をしている。しかし、彼らの主張はまだ立証されていない。

スポンサーリンク

民主党はなぜ監査を止めようとしているのだ?バイデンが当選したことを確かめるためにやっているの

しかし、民主党のケイティ・ホブス国務長官が、どんな手段を使ってでも法廷監査を妨害しようとしていることは明らかだ。ホッブス氏は、常に監査プロセスにアクセスすることができるにもかかわらず、自分が選んだオブザーバーやモニターを呼ぶために、裁判所に押し付けられた両者の合意によって監査にアクセスするという政治的な芝居をする傾向があった。

ホッブスは、アリゾナ州の有権者の代表として誰を選んだのか?民主党の党派的な攻撃犬である「ブレナン・センター・フォー・ジャスティス」と「プロテクト・デモクラシー」に他ならない。

なぜ民主党はアリゾナ州でのバイデン氏の承認を阻止しようとしているのか、これは民主党が言うところの「反乱」ではないのか。

https://www.frankspeech.com/article/democrats-trying-stop-bidens-confirmation-arizona
スポンサーリンク

パウエル弁護士も「常識的に考えて不○がなかったらなぜ監査に反対するのか?」と言っていた(5/1)

5月1日

誰が監査に反対しているか見てみよう。不○がなかったのなら、なぜ選挙の監査に反対しているのか。何を隠そうとしているのか?何を失うのか?

常識的に考えてみてください。選挙が公正なものであれば、両陣営ともすべての州で監査を歓迎するはずだ。

すべての州での監査を支持しない民主党員や共和党員は、腐敗しており、何かを隠している。

真実を要求しよう

スポンサーリンク

アリゾナ監査は現在順調

銀河系の歴史の中で最も包括的な(*)フォレンジック選挙監査です。有権者の履歴や投票機から紙の投票用紙の数まで全て監査すると監査ディレクターが述べる。

“2020年11月に行われた選挙では、2,595,272人の有権者がいて、2,089,563人が投票した。我々はその全てを検証するつもりだ。”

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました