社会の話題と反応を発信していくネットメディア

BLM活動家が「黒人男性ジョージ・フロイドさんを死に至らせたとする事件」の陪審員になるために嘘をついた/リンデル「Frank」より

政治
スポンサーリンク

BLM活動家、ショーヴィン事件の陪審員になるために判事に嘘をつく

2021年5月3日

デレク・ショービン裁判の陪審員52番は、自分が元BLM活動家であることを判事に伝えず、公平な立場になれると嘘をついた。

陪審員は、証拠を吟味して有罪かどうかを判断するものであり、変化をもたらすものではありません。陪審員を選ぶ際、彼は裁判官に、この事件についてあまり知らないと言ったそうだ。

スポンサーリンク

陪審員になるために嘘をついた場合は偽証罪

陪審員の義務を逃れるために嘘をついたり、出るべきではない陪審員に出るために嘘をついたりすると、偽証罪で 起訴され、高額の罰金か懲役、またはその両方が科せられる。

このような注目度の高い事件では、他の人が同じことをしないようにするためにも、両方になるはずです。このケースでは、証拠がどうであれ、彼が有罪に投票することは明らかであり、他の陪審員に影響を与えた可能性があります。

BLM Activist Lies to Judge in order to Get on Chauvin Jury
Juror #52 lied to the judge in the Derek Chauvin trial by not informing him he was a former BLM activist and that he could be impartial. Brandon Mitchell broke ...続きを読む
スポンサーリンク

米フロイドさん死亡事件、元警官デレク・ショーヴィン被告に有罪評決

2021年4月21日

米ミネソタ州ミネアポリスで昨年5月に黒人男性ジョージ・フロイドさん(当時46)を死に至らせたとして、殺人罪などに問われた元警官で白人のデレク・ショーヴィン被告(45)の裁判で、陪審は20日、すべての罪状について有罪評決を出した。

ショーヴィン被告は、第2級殺人、第3級殺人、故殺の3つ罪すべてで有罪とされた。

近く量刑が言い渡され、刑務所に移される。それまで勾留が続けられる。

スポサーリンク



第2級殺人罪は殺意の有無に関わらず適用され、量刑は最長禁錮40年。第3級殺人罪は、危険な行為によって人を死なせる犯罪。

アメリカでは警官による拘束中に容疑者が死亡した場合、裁判で警官が有罪とされることはまれで、訴追すらされないこともある。今回の評決は、同国における今後の同種の裁判に影響を与えるとみられている。

米メディアは、ショーヴィン被告が控訴する見通しだと伝えている。

米フロイドさん死亡事件、元警官に有罪評決 - BBCニュース
米黒人男性ジョージ・フロイドさんを死に至らせたとして、殺人罪などに問われた元警官で白人のデレク・ショーヴィン被告の裁判で、陪審は20日、すべての罪状について有罪評決を出した。
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました