社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【またも天下の大愚策】/「緊急事態延長を最長1カ月で調整」に国民は怒り心頭に発した/「海外からはザル」「科学的根拠無し」で国民に無理強いを一生続けるつもりか!

コロナ
スポンサーリンク

政府、緊急事態延長7日に決定 2週間から1カ月で調整

2021年05月05日21時32分

政府は新型コロナウイルス対策として東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言について、11日までの期限を延長する方針を固めた。延長期間は2週間から1カ月とする案が浮上。休業要請の範囲などと併せ検討を急ぐ。7日に政府対策本部を開いて決定する。

菅義偉首相は5日午後、西村康稔経済再生担当相ら関係閣僚と首相公邸で対応を協議。この後、宣言延長について「専門家の意見を聴いた上で今週中に判断したい」と記者団に述べた。宣言下の対策効果に関しては「大きな狙いの一つだった人流は間違いなく減少している」と強調した。(時事通信記事続く)

政府、緊急事態延長7日に決定 2週間から1カ月で調整:時事ドットコム
政府は新型コロナウイルス対策として東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言について、11日までの期限を延長する方針を固めた。延長期間は2週間から1カ月とする案が浮上。休業要請の範囲などと併せ検討を急ぐ。7日に政府対策本部を開いて決定する。
スポンサーリンク

入国制限は取らず、1日300人連絡が取れず

未だに成田や羽田の近くにホテルを確保して外国人と帰国者を2週間強制的に自費で缶詰にするという当たり前の政策を実行てしない日本政府の腑抜け加減が本当に信じられない。

日本の一千人を超えるコロナ犠牲者は全て人災。緊急事態宣言による経済の失速も人災。

1日300人連絡取れないってどういうこと?!

スポンサーリンク

緊急事態宣言の効果は絶望的なほど、ほぼ皆無(東洋経済)

結論から言うと、今回の「第3回目の緊急事態宣言」は、おそらくほとんど効果がないだろう。

その理由は3つある。

第1に、3度目であること。うんざりしている。飽きている。よく「コロナ疲れ」「自粛疲れ」と言われるが、より人々の感情に近い表現は「うんざり」か「飽きている」ということだろう。

第2に「蔓延防止措置」というのをつくって、まさにそれがぴったりなのに、そしてそれが発出されて、その効果がまだまったくわからないうちに、緊急事態宣言だ。

第3に、緊急事態宣言はもともと効果がほとんどないからだ。実は、1度目も2度目もほとんどなかったのだ。だから、今回はなおさら効果がないに決まっている。

緊急事態宣言の効果は絶望的なほどほぼ皆無だ(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
 それでも年末年始にはそれなりに、自粛が広まった。しかし、その理由は、緊急事態宣言にあったのではなく、東京の陽性確認者数が、あっというまに1000人という4ケタにのり、それがすぐさま2000人を超え
スポンサーリンク

ネットの声

また次の波が来るよ、インフルと同じ。まだわからんのか

海外からは大量帰国、流入し、水際対策はザル

1日300人が連絡取れないってどういうことだ!

戦力の逐次投入、国民には我慢を強いる。

効果はゼロ。経済だけ破綻して日本の一人負け。

もういいから経済回せ!

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました