社会の話題と反応を発信していくネットメディア

第45代トランプ大統領、ジョシュ・ホーリー議員を絶賛し、本を推奨/ホーリー議員は1月6日選挙人団に異議を唱え、4月に大企業解体法案を提出した

政治
スポンサーリンク

第45代トランプ大統領声明

美しく偉大なミズーリ州の素晴らしい上院議員であるジョシュ・ホーリー氏は、今週発売されたばかりの素晴らしい新書で、恐ろしいビッグテック企業とその国を破滅させようとする企てについて語っています。

この本は「The Tyranny of Big Tech」と呼ばれ、私が全面的に支持しています。今すぐ購入してください。

スポンサーリンク

声明全文

トランプJrのツイート

私の友人であるジョシュ・ホーリーは、明日、”The Tyranny of Big Tech “という本を出版します。ジョシュはこの問題の真の戦士であり、私たちはGOPにもっと多くの人に協力してもらう必要があります。この本をチェックして、何が起こっているのかを知っておきましょう。

スポンサーリンク

ジョシュ・ホーリー議員は上院議員では初めて、1月6日の選挙団証明のプロセスに反対した(2020/12/31)

2020/12/31

「1月6日に選挙人団の結果を証明するために投票することはできません」–MO上院議員のJoshHawleyが選挙人団の証明プロセスに反対すると発表。

現在、少なくとも1人の勇敢で正直な共和党上院議員です

ミズーリ州上院議員のジョシュ・ホーリーは水曜日に、1月6日の認証プロセスに反対すると発表した。(thegatewaypundit)

スポンサーリンク

ホーリー上院議員は大企業解体法案を提出した(4/14)

 2021年4月14日
ジョシュ・ホーリー上院議員(共和党)が提案した「巨大企業によるM&Aを取り締まり、反トラスト法の施行を強化する」という法改正案は、保守派のアナリストや共和党の選挙参謀から賛否両論の評価を受けている。

“少数の巨大企業が、アメリカ人が買うことのできる商品、アメリカ人が受け取ることのできる情報、そしてアメリカ人が行うことのできるスピーチを支配している」とホーリー氏はこの提案を発表した声明で述べている。

“これらの独占企業は、私たちの言論、経済、国を支配しており、その支配力は、ワシントンが彼らの無限の力の探求を幇助してきたために、拡大してきた。

“ビッグテック、ビッグバンク、ビッグテレコム、ビッグファーマは、より多くの企業と市場シェアを獲得する一方で、我々の自由と競争を奪ってきた。

“アメリカの消費者と労働者はその代償を払った。目覚めた企業がこの国を支配しようとし、ワシントンは喜んでそれを許している。今こそ、企業を破壊し、競争を復活させる時だ」と述べている。

「The Tyranny of Big Tech」(wikipedia)

ミズーリ州のジョシュ・ホーリー上院議員が執筆した2021年の書籍。この本の主張は、フェイスブック、グーグル、アマゾン、アップル(ビッグテック)は、反保守的なバイアスがかかっているとされ、「金ぴか時代の独占企業以来、アメリカの自由にとって最も重大な脅威」であるというものである。

ホーリーは、「アメリカのポピュリスト・デモクラシーを回復する」ために戦っていると述べている。 本の元々の出版社であるサイモン&シュスターは、1月6日にアメリカ合衆国議会議事堂が襲撃され、ホーリーが2020年のアメリカ合衆国大統領選挙の選挙人票を拒否したことを受けて、2021年1月7日に契約を解除した。 レグネリー出版は、1月18日に本を取得し、5月4日に発売した。

The Tyranny of Big Tech - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました