社会の話題と反応を発信していくネットメディア

国勢調査で2020選挙の異常値/2020年の選挙で実際の投票数が、国勢調査数より約400万も多いことが判明/疑わしい「梅田」の投票用紙の数とほぼ同じ

政治
スポンサーリンク

国勢調査で奇妙な異常が判明:実際の投票数が国勢調査より400万も多い

2021年5月4日

先週発表された米国の国勢調査データは、2020年の選挙の公式投票集計に疑問を投げかけた。国勢調査の一環として、政府は大統領選挙で投票したと自己申告した市民のデータを収集しています。収集されたデータでは、報告された結果に異常が見られた。

国勢調査によると、2020年に記録された投票者数は1億5,462万8,000人と集計された。一方、公式発表では、実際の投票数は1億5,800万人をわずかに上回っています。これは、400万票近くの差です。

スポンサーリンク

通常は2つのデータは一致する

弁護士のロバート・バーンズは、「Inside the Numbers」の中で、世論調査員のリチャード・バリスと対談し、歴史的に見て、国勢調査では記録された投票数と実際の結果が「鼻の先」で一致する傾向があると述べた。つまり、通常は2つのデータセットが合理的に一致することが多いのである。

バーンズは正しい。例えば、2008年の国勢調査では、1億3,110万人が投票したとわずかに過小評価されましたが、公式結果では1億3,130万人が投票したことになっており、ほぼ正解でした。

もちろん、国勢調査が的外れなこともあります。しかし、何十年もの間、国勢調査が結果を大きく狂わせたほとんどすべてのケースは、投票した人の数を過剰に記録していたことが原因でした。

スポンサーリンク

2020のブッシュとゴアの時も異常が見られた

奇妙なことに、争点となった2000年の選挙でも、国勢調査では1億1,100万人が投票したと過剰に記録されていました。しかし、公式発表では1億500万票とされています。

国勢調査が、アメリカ史上最も熱い戦いとなった選挙の公式結果を著しく過小に記録した理由については、無害な説明が可能だが、バーンズは、国勢調査のデータが、2020年に不正が進行していたことを示す強力な状況証拠であると確信している。

スポンサーリンク

400万は疑わしいバイデソの投票用紙の数とほぼ同じ

バーンズは、”ほとんど常に正確である国勢調査のデータによると、大統領選挙で集計された投票数が報告された投票数よりも500万票多いのはなぜか?”と問いかけました。彼は続けて、”それ(報告不足)が、疑わしいバイデソの投票用紙の数とほぼ同じであることは、驚くべきことではないでしょうか?” と述べました。

“国勢調査では、投票していないと主張する人々の票をカウントしていると言われている500万枚の疑わしい投票があったことを示す良い証拠だ」と述べた。

スポンサーリンク

激戦州での数値とも合致

バーンズ氏は、国勢調査のデータは、多くの争点となっている州にも疑問を投げかけていると指摘しました。

例えば、ジョージア州では、国勢調査局は約480万人の投票を記録しましたが、公式結果では500万人をわずかに下回っています。バーンズ氏によると、この矛盾は、ジョージア州で約10万人の疑わしい投票があったという主張と一致しているとのことです。

世論調査員のリチャード・バリス氏は、多くの選挙専門家が国勢調査のデータは一般的に信頼できると考えてきたと述べています。しかし、なぜか一部の専門家は、2020年のデータは国勢調査の “失態 “の結果であると主張しています。

バリスはこう主張した。

“すべてが順調に進むためには、他のすべてのもの(不正投票の予測因子)が…同時に間違っているだけでなく、場合によっては初めて間違っていることを受け入れなければなりません」。

彼は、国勢調査の過少報告を含めたすべての異常を、単なる無邪気な偶然の産物として受け入れる気にはなれないと言います。”あまりにも多すぎます」とバリスさんは言います。(electionwiz.comより引用)

Census reveals weird anomaly: Shows millions less voted in 2020 election than official tally
US Census data released last week called into question the official vote tally from the 2020 election. As part of the Census, the government collects data on ci...続きを読む
スポンサーリンク

トランプ氏は、ミシガン州とウィスコンシン州も監査を実施すべきと声明を発表(5/8)

5月8日

11月4日の朝6時31分、ミシガン州で149,772票の投開票が行われた。バイデンはそのうちの96%の票を獲得し、州は奇跡的にバイデンに軍配を上げた。

ミシガン州上院は、2020年の不○大統領選挙の検証をまだ始めていないのか、あるいはこれから始めるのか。もしそうでなければ、彼らはオフィスから追い出されるべきだ。

同様に、朝の3時42分、ウィスコンシン州に143,379票のダンプが入ってきて、これも奇跡的にバイデンに与えられた。これらの「票」はどこから来たのか?

どちらも州の選挙を変える出来事であり、さらには合衆国憲法で定められている立法府の承認を得ていないという事実を含めても、他の汚職の上に成り立っているのだ。

スポンサーリンク

参考記事

 

タイトルとURLをコピーしました