社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【怒りのカナダ】「強制的に臓器を奪うことに関与している国は中国だけだ!」「中国は世界で唯一、国が関与している!」/上院が臓器売買に関する法案を立法化へ/関与したら入国禁止措置

スポンサーリンク

カナダ上院、国際的な臓器売買に対抗する法案を承認

2021年5月9日

カナダの上院は5月6日、国際的な臓器売買の撲滅を目的とした法案を全会一致で承認した。今後、法案S-204は下院に送られ、議員による審議を経て、法律として成立する

“臓器売買は、公平、公正、人間の尊厳を尊重するという原則に反する行為だ。この法案の立案者であるサルマ・アタウラジャン上院議員は、5月6日の上院議会で次のように述べた。

“この法案は、臓器売買という喫緊の課題に取り組んできた12年以上の議会活動の集大成です」とアタウラジャン上院議員は述べ、過去の議会でこの問題に関する法案が提出されたものの、選挙を控えていたために会期終了前に法制化されなかったことに言及しました。

この法案を支持するために上院で演説したデビッド・リチャーズ上院議員は、「この法案を可決する時が来た」と述べた。

スポンサーリンク

強制的な臓器摘出に関与したものはカナダ入国禁止に

“私たちはこの世界でしばしば、自分たちを脅かす闇と戦い、善戦することを求められてきました。この4年間、この議場で、私はそのことを目の当たりにしてきました。ビルS-204とアタウラジャン上院議員は、そのような戦いの旗手であると信じています。皆さんのご支援をお願いします」とリチャーズ氏は語った。

法案S-204は、カナダ人がドナーの同意を得ずに海外で臓器を入手することを違法とし、強制的な臓器摘出に関与する人々をカナダに入国できないようにするものである。

19日に行われた上院委員会でこの法案を審議した際、アタウラジャン氏は、東欧、アジア、中南米、北アフリカなど世界各地で起きている臓器売買を抑制するために、このような法案が必要であると述べた。

スポンサーリンク

強制的に臓器を奪うことに関与している国は中国だけだ

委員会で証言した元国会議員でアジア太平洋担当国務長官のデビッド・キルガー氏は、政府が良心の囚人から強制的に臓器を奪うことに関与している国は、中国だけだと指摘しました。

“中国は世界で唯一…政府が運営している国であり、路地裏で不謹慎な人たちがやっているわけではない」と語った。

キルガー氏とカナダの人権派弁護士デビッド・マタス氏は、2006年に中国の法輪功信者に対する臓器狩りの報道を初めて調査し、迫害されている法輪功信者が中国の政権によって大規模に臓器摘出の対象とされ、国内外のバイヤーに販売されているという結論に達した。

被害者が生きている間に臓○を摘○するので、新鮮さが保たれ、その過程で被害者は死*する。

中国政権が国家的に認めている臓器狩りは、その後、ウイグルのイスラム教徒を含む他の迫害されているグループに拡大されるようになった、と捜査当局は述べています。

Canada's Senate Approves Bill to Combat International Organ Trafficking
Canada's Senate unanimously approved a bill intended to help combat international organ trafficking on May 6. Bill S-204 ...
スポンサーリンク

カナダ議会はCCPをジェノサイドと認定

カナダ保守党エリン・オウトゥール議員

「今日、すべての政党のメンバーは、ジャスティン・トルドーと彼の内閣が投票を拒否したにもかかわらず、ウイグル人と他のトルコのイスラム教徒に対して中華人民共和国によって現在行われている大量虐殺を認めることに投票しました」

トルドーは過去に中国政府に称賛を表明した。トルドー首相の2015年の選挙運動で、トルドーは、中国政府はカナダを除いて最も称賛する政府であり、迅速に行動する能力について彼らの「基本的な独裁政権」を称賛した。

スポンサーリンク

米超党派議員、中国念頭にした「臓器強制摘出停止法」を上下院に提出/対象者に制裁(3/31)

2021年03月13日

クリス・スミス米上院議員ら超党派は3月初旬、中国を念頭にした臓器強制摘出停止法案を上・下院に提出した。
中国共産党が主導する信仰者や少数民族から移植用臓器の強制摘出問題に対応するため、米国の超党派議員たちは3月上旬、この人道犯罪に関わる外国政府高官や組織を制裁対象とする法案を上院と下院に提出した。

臓器摘出は、私たちの世界には存在するべきではない、ひどく野蛮で非人道的な行為だ。国際的な人身売買ギャング、テロ組織、さらには無実の人々を殺し、利益のために臓器を売る一部の政府、特に中国の共産主義政権による恐ろしい虐待を終わらせるために、私たちはもっと努力しなければならない」 と同問題に長らく取り組むクリス・スミス上院議員は法案提出にあたり、声明を発表した。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました