社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【アリゾナ監査】マリコパ郡選挙管理委員会の証人が証言:なんと、ドミ○オンが選挙全体を仕切っていた /郡の職員やオブザーバーはアクセスやパスワードを持っていなかった

政治
スポンサーリンク

マリコパ郡選挙管理委員会の証人が証言:ドミ○オンの社員が選挙全体を仕切っていた

郡の職員やオブザーバーはアクセスやパスワードを持っていなかった!

2021年5月9日

遡ること2020年11月30日、マリコパ郡の選挙立会人であるヤン・ブライアントは、アリゾナ州議会で証言を行いました。

ヤンは強いプロジェクトマネジメントのバックグラウンドを持っています。彼女は、アリゾナ州マリコパ郡での2020年の選挙の際に目撃したことを信じられませんでした。

ヤンは、2020年11月30日の時点で、マリコパ郡の職員が選挙を運営していなかったと言いました。 ドミ○オンの社員であるジョンとブルースがやったのだ。

ヤンの証言は、マリコパ郡の職員が管理者パスワードやドミニオンの投票機へのアクセス権を持っていない理由を説明するかもしれない。

スポンサーリンク

郡の職員はもちろん、ITスタッフでさえも投票機へのアクセスを許されていなかった

さらにヤンは、郡の職員はもちろん、ITスタッフでさえも投票機へのアクセスを許されていなかったこと、そしてドミ○オン社の従業員が集計室でラップトップコンピュータを持っているのを目撃したことを宣誓に基づいて証言した。

ヤンはMCTECで6日間働いた後、MBAを取得し、技術系のプロジェクトマネジメントを行っている。

すべてのコンピューターは見えるところにある1本のケーブルでつながっています。そんなことはどうでもいいのだが、2つの理由がある。1つは、これらの機器を動かしていたのはドミ○オンの社員だけだったということ。

私は6日間、集計センターにいました。日勤と夜勤です。郡の職員もIT担当者も、誰もソフトウェアを触っていなかったのです。裁定者のトレーニングはすべてドミニオンが行い、レポートもすべてドミニオンが作成していました。だから私は、就任初日にこのことを伝えた。私のような経歴を持つ者として、これはおかしいのではないかと言ったのです。

スポンサーリンク

たった2人のドミ○オン社員がすべてを仕切っていた

自分の会社の最も重要なことを他人に任せるなんて、百万年経ってもありえない。そして、たった2人の男(ドミ○オンのブルースとジョン)が、すべてをコントロールしていた。

また、手書き監査のための(2%)無作為の投票用紙選びにも参加した。投票用紙を選んだり、どの箱を選ぶかを決めたりしていました。その際も、ドミ○オンがレポートを作成した。

つまり、手書き監査用の箱に何が入っているのか、誰も(ドミ○オンも)正確には知らなかったのだ。それが不安だった。また、最後の箱を回収したのがいつだったかも知られていました。大きなプロジェクトのシニアマネージャーとして、私が見たようなことは百万年経っても許されませんでした。

投票用紙の手書き入力をしている場所を歩いてみると、そのノートパソコンが置かれていて、ドミ○オン社員のジョンが作業をしていたのです。ノートパソコンを出し入れしているということは、安全な部屋とは言えない。そこで何が起こったのかは誰にもわかりません。(thegatewaypundit)

Maricopa County Elections Witness Testifies that Dominion Ran Entire Election - County Officials and Observers NEVER HAD Access or Passwords! (Video)
Back on November 30, 2020, Maricopa County elections witness Jan Bryant testified before the Arizona legislature. Jan has a strong project management background...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました