社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【第45代トランプ大統領声明】選挙の透明性について/英国政府は、選挙投票で写真付きの身分証提示を提案している。これは米国がやるべきことだ。二度と不○を行わせないために

政治
スポンサーリンク

【第45代トランプ大統領声明】

英国政府は、英国の選挙で投票しようとする人は、写真付きの身分証明書を提示するよう提案している。

民主党がHR1法案を可決してVoter ID法を廃止しようとしているのとは異なり、これはまさに米国で行うべきことだ。すべての州は、Voter ID法を、大量の郵便投票や投票用紙採取の廃止など、他の多くの公正で包括的な選挙改革とともに可決すべきであり、そうすれば二度と選挙が不○に行われたりスチー○されたりすることはないだろう。

人々は真の改革を求めている。

スポンサーリンク

英国は写真付き身分証を提示する案を提案している

英国女王は明日、詐欺を防ぐために総選挙で投票するために市民が写真付き身分証明書を提示する必要があることを発表します

スポンサーリンク

英国政府は写真付き身分証明書の義務化を計画

火曜日の女王の演説の中心的な要素である、選挙での写真付き身分証明書の義務化計画は、そのような書類を持っている可能性の低い、高齢者、障害者、ホームレスの有権者に不均衡な影響を与える危険性があると批評家は述べている。米国の公民権団体は、これは共和党式の有権者弾圧であると警告しています。

この法案は、政府が進める選挙制度改革の一環であり、郵便投票や代理投票の禁止、総選挙を5年ごとに実施する法律の廃止など、ボリス・ジョンソンが2024年までに早期総選挙を実施することを可能にするものです。

内閣府が発表した有権者証明書の詳細によると、写真付きの身分証明書の種類は、パスポート、運転免許証、IDカードのみが認められていた当初の試験から、旅行券やブルーバッジなどの障害者用駐車許可証などにまで拡大されています。

スポンサーリンク

成人の98%が身分証を持っているが例によって左派は反対

内閣府が新たに実施した英国全体の調査によると、成人の98%がこれらの身分証明書のうち少なくとも1つを所有していますが、選挙で使用するために必要な写真を確実に認識できる身分証明書の所有率は96%にとどまり、約210万人が身分証明書を取得できないリスクを抱えていることがわかりました。

今回の調査では、特定のグループに対する投票者ID規則の不均衡な影響と、この法律によって投票を控えてしまう可能性があることが示されました。

スポンサーリンク

ジョンソン氏は投票の際の身分証提示は不正選挙に対抗する合理的アプローチと至極真っ当なコメント

この調査では、85歳以上の人の91%、障害のある人の94%が写真付きの身分証明書を持っていることがわかりました。写真付き身分証明書を持っていない人のうち、4分の1以上が新しい規則によって投票しにくくなると答え、写真付き身分証明書を持っていない人の19%が同様のことを言っています。

この提案には、さまざまな団体から警戒の声が上がっています。エイジUKは、「一部の高齢者が民主的な投票権を行使する妨げになる危険性がある」と述べ、ホームレス支援団体のセンターポイントは、弱者や低所得者が「投票所で発言する機会を奪われる可能性がある」ことを阻止するための努力を求めました。

ジョンソン氏のスポークスマンは、身分証明書の発行は適切であると弁護しています。”投票の際に身分証明書を提示することは、理不尽な不正投票に対抗するための合理的なアプローチであると考えています」と述べています。

More than 2m voters may lack photo ID required under new UK bill
Critics warn older, disabled and homeless people risk being unfairly denied democratic say
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました