社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【BIG!】<疑惑が公になる時・第2報>/FOXニュース、タッカー・カールソンがファウチ博士の犯罪捜査を要請!/「ファウチは武漢研究所の資金提供を認めた。全人類への犯罪だ」

コロナ
スポンサーリンク

ファウチは武漢研究所の資金提供を認めた。全人類への犯罪だ

「ファウチ博士は、インフルエンザ・サーズウイルスの病原性を変化させる(増加させる)という条項に違反しているにもかかわらず、武漢研究所の資金提供を例外的に認めた

これは全人類の犯罪だ。タッカー・カールソンの暴露記事」

スポンサーリンク

タッカー・カールソン氏、ファウチ博士の犯罪捜査を要請

2021年5月12日

コロナウイルスが逃亡した可能性のある中国の研究所での研究の資金提供を承認した役割について疑問視されているアンソニー・ファウチ博士に、壁が迫り始めているかもしれない。

COVIDは「ウェットマーケット」のコウモリが作ったものだという説があるが、際には武漢ウイルス研究所で作られたものだという説が支持を集めている。

ニコラス・ウェイド氏の記事によると、ウイルスは研究所で作られた可能性が高く、助成金の支給を担当していたファウチ氏は、オバマ政権下で禁止されていた「機能獲得」研究への資金提供を認めていたとのことだ。

スポンサーリンク

タッカー・カールソンWH0は中国の言いなりで、ウィルスの起源を隠そうとした

タッカー・カールソンはこれまでの常識を覆し、非常に深刻な質問を投げかけました。”このパンデミックにおけるトニー・ファウチの役割について、なぜ犯罪捜査が行われないのか」と。

カールソンによると、「COVID-19で何百万人もの人が亡くなっている。だから、この病気がどこから来たのかを解明することは、責任の所在を明らかにするための問題ではない。次の世界的なパンデミックを防ぎたいのであれば、今回のパンデミックがどのようにして始まったのかを解明しなければならない。” と語っている。

さらにタッカーはこう続けた。「だから、世界保健機関は真相を究明すると言ったのです。世界保健機関はもちろん中国の言いなりなので、このパンデミックの起源についての基本的な事実を隠そうとした。そして、その事実を隠すために、WHOは、ウイルスがどこから来たのかを調査する調査チームの唯一のアメリカ代表として、ピーター・ダサック氏を任命したのです」。

スポンサーリンク

武漢の研究所から来た可能性は低いというのは真実ではない

さらに、「偽りの報告書となってしまったが、そのチームは、ウイルスが武漢の研究所から来た可能性は「極めて低い」と結論づけている。繰り返しになるが、それは真実ではない。”

ウイルスの起源に関するWHOの調査は不正なもので、これは世界の公衆衛生に関わることです。しかし、一つ気がつくのは、トニー・ファウチはそのようなことを言っていないということです。

なぜか?なぜなら、またしても彼が個人的に関与しているからだ。” ピーター・ダサックが先ほどのビデオで自慢していた機能向上研究は、実はアメリカ政府によって明確に禁止されていたのだ」

タッカーは、「武漢の研究所で行われていた機能向上実験は、悲惨な結果をもたらしたため、連邦政府は資金提供を一時停止していた」と、衝撃的な内容を伝えました。

では、なぜ米国政府は武漢の研究所への資金提供を中止しなかったのか?その疑問を、ニコラス・ウェイド氏が調べてくれた。その結果、「誰かがモラトリアムに抜け道を作った」ということがわかりました。

このモラトリアムは、インフルエンザ、MERS、SARSウイルスの病原性を高めるような機能向上研究への資金提供を明確に禁止していた。

スポンサーリンク

ファウチが資金提供を続けるため「例外」という抜け道を作った

彼は、”しかし、モラトリアム文書の2ページ目の脚注には、引用文として、『米国政府の資金提供機関の長が、公衆衛生や国家安全保障を守るために研究が緊急に必要であると判断した場合には、研究停止の例外を得ることができる』と書かれている。”

彼は続けて次のように主張した。「そして、それこそが悪用された抜け穴なのです。誰がこれを承認したのか?おそらくトニー・ファウチとフランシス・コリンズNIH長官は、武漢研究所とそこで行われていた致命的な実験、明らかに間違った実験への資金提供を続けるために、この特別免除を発動したのだ」。とタッカーは語っている。

スポンサーリンク



さらにカールソンは、「リチャード・エブライトによれば、『残念ながら、NIAID所長(ファウチ)とNIH所長は、この抜け穴を利用して、一時停止の対象となるプロジェクトに免除を発行し、免除された研究は、『公衆衛生や国家安全保障を守るために緊急に必要であり、それによって一時停止を無効にする』というとんでもない主張をしていた』」と述べた。

彼はすべてを要約すると、「トニー・ファウチが許可しなければ、このようなことは起こらなかった。それは明らかだ。” タッカーは、「驚くべき話だ。衝撃的な話だ。”

“機能的な国であれば、何百万人もの命を奪い、国を停止させ、永遠に変えてしまったCOVIDパンデミックにおけるトニー・ファウチの役割について、現在、犯罪捜査が行われているだろう。ではなぜ、このパンデミックにおけるトニー・ファウチの役割についての犯罪捜査が行われていないのか」と述べた。(conservativebriefより引用)

https://conservativebrief.com/tucker-carlson-calls-for-40197/
スポンサーリンク

ランドポール議員がツイートで断言

ファウチ博士は、動物から人間にジャンプするスーパーウイルスを作成する「機能獲得」研究に対する彼の長年の支援をないことにするか、隠そうとした。

米国の11のラボが米国でこれらのスーパーウイルスを作成し、そのうちの1つが武漢ウイルス研究所と協力しています。ファウチはこれらすべてのラボのNIH(米国国立衛生研究所)の資金をサポートしている。

スポンサーリンク

ポール議員「武漢研究所の所長はウイルスがそこで作られたと言及した」との追及を逃げるファウチ

しかし、ポールは、武漢ウイルス学研究所の所長でさえ、このウイルスがそこで作られたという証拠を自分の研究室で探し出したことに言及した。

“武漢の機能研究ゲインの所長は、自分の研究室にあるかもしれないと怯えて眠れなかったんですよ!” とポールは言った。その所長は、証拠が見つからなかったことに安堵したという。

第1報はこちら👇

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました