社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【第45代トランプ大統領声明】バイデンとカーターを比較するのは、大きな間違いだ。バイデンは国境、イスラエル、石油と数々の危機を作り出した。史上最悪のスタートを切った大統領だ

政治
スポンサーリンク

【第45代トランプ大統領声明】

誰もがジョー・バイデンとジミー・カーターを比較しているようだ。しかし、それはジミー・カーターにとって非常に不公平なことだと思う。

ジミーは危機に次ぐ危機を誤って処理したが、バイデンは危機に次ぐ危機を作り出した。

まず、バイデン国境危機(彼は危機と呼ぶのを拒否しているが)、次にバイデン経済危機、バイデンイスラエル危機、そして今回のバイデン石油危機があった。

ジョー・バイデンは米国史上最悪のスタートを切った大統領であり、いつの日か、将来の災害をバイデン政権と比較されるだろうが、いや、ジミーの方が良かったのだ!

Save America
Over the past four years, Donald J. Trump's administration delivered for Americans of all backgrounds like never before. Save America is about building on those...続きを読む

●国境危機

スポンサーリンク

バイデンの国境政策で移民施設内でクラスター、複数の性○暴行、通常の暴行、医療緊急事態が発生している(3/24)

3月24日

・過去数日間で50人以上の移民がCOVID-19陽性

・複数の性的暴行、通常の暴行、および毎日の医療緊急事態がある

「施設にはそれぞれ8つのセルを持つ8つのポッドがある。いつでもここには平均3,000人が拘留されている。不法移民は、部屋に応じて年齢や体格によって分けられる」

「過去数日間、これらの細胞で50人がCOVID陽性。複数の性的暴行、通常の暴行、および毎日の救急措置がある」

スポンサーリンク

国境は悲惨な状況に:国境責任者のカマラ・ハリスは国境へも行かず、移民の子供たちの避難所に自分の本を置いて宣伝する

4月26日

カリフォルニア州ロングビーチの避難所に連れてこられた同伴者のいない移民の子供たちは、ウェルカムギフトとしてカマラハリスの子供向けの本「スーパーヒーローはどこにでもいる」のコピーをそれぞれ与えられます-NYP

書籍は、米国の納税者のドルを使用して、バイデン政権によって支払われています

●イスラエル危機

スポンサーリンク

トランプ氏:「バイデンの弱さ」が中東の暴動を引き起こした

2021年5月11日

第45代トランプ大統領は11日、ジョー・バイデン大統領がイスラエルのために立ち上がった「弱さ」が中東の暴力を「煽っている」と述べ非難した。

“トランプ氏は声明の中で、「私が在任していた頃は、イスラエルの敵対勢力は、米国がイスラエルを強く支持し、イスラエルが攻撃されれば迅速な報復があることを知っていたため、平和大統領として知られていた」と述べています。”バイデンの下で、世界はより暴力的で不安定になっている。バイデンの弱さとイスラエルへの支援の欠如が、我々の同盟国への新たな攻撃につながっているからだ。”

火曜日の夜に行われたガザでのイスラエル軍の空爆と、報復として行われたパレスチナ人によるテルアビブへのロケット攻撃により、ガザ地区の13階建ての住宅ビルが倒壊し、イスラエル人3名が負傷したとロイターが報じた。

●石油危機

スポンサーリンク

アメリカの失業率 過去最悪の14.7%に 米労働省雇用統計

2020年5月8日

アメリカの先月の雇用統計が発表され、失業率は14.7%と、前の月の3倍以上の大幅な悪化となりました。これは統計を取り始めた72年前の1948年以降、最悪の水準で、新型コロナウイルスの感染拡大によって解雇の動きに拍車がかかっています。

アメリカ労働省が8日発表した先月の雇用統計によりますと、失業率は14.7%となりました。

これは、前の月の4.4%の3倍以上となり、統計を取り始めた72年前の1948年以降、最悪の水準となります。

また、農業分野以外の就業者の数も前の月と比べて2050万人の減少と、統計を取り始めた1939年以降で最大の減少となりました。

スポンサーリンク

トランプ大統領「予想されたことで驚きはない」

アメリカ議会が公表した予測では経済活動が再開すれば、景気は回復すると見込んでいますが、失業率は10%以上で高止まりするとみていて感染拡大の第2波への懸念などから、雇用不安の解消には、まだ時間がかかりそうです。

アメリカの先月の失業率が14.7%となったことについて、トランプ大統領は8日、FOXニュースの電話インタビューに対し、「十分に予想されたことだ。驚きではない」と述べました。

そのうえで、「仕事はすべて戻ってくる。すぐに戻ってくる。来年は驚くような年になるだろう」と述べ、早期に経済活動を再開し、経済を回復させることに意欲を示しました。(nhk)

アメリカの失業率 過去最悪の14.7%に 米労働省雇用統計 | NHKニュース
【NHK】アメリカの先月の雇用統計が発表され、失業率は14.7%と、前の月の3倍以上の大幅な悪化となりました。これは統計を取り始め…
ジミー・カーター(wikipedia)

内外政策の度重なる失敗、特にイランアメリカ大使館人質事件への対応の稚拙さにより、国民の支持を失い、1980年アメリカ合衆国大統領選挙で共和党候補で元カリフォルニア州知事のロナルド・レーガンに選挙人投票で10倍近い差を、一般投票でも10ポイント近い差をつけられ敗北。1期で政権の座を去った。

就任後に施行したいくつかの経済政策の失敗と、1979年のイラン革命に前後した石油危機などから、在任中は高インフレと不況が国内を覆うことになった(カーターショック)。外交において降りかかった様々な問題に傾注した結果、これらの国内問題を解決することはできなかった。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました