社会の話題と反応を発信していくネットメディア

<アリゾナ激しく動く>【AZ監査に関するトランプ氏声明】/「監査のDBが違法に削除された!他にも不○が明らかになっている」/共和党上院議長は監査委員会議長に、公聴会開催を要求する手紙を送付

政治
スポンサーリンク

【第45代トランプ大統領声明】

アリゾナ州上院議長のカレン・ファンが書いた、2020年の大統領選挙の際のマリコパ郡での投票不正、そしておそらく不○についての壊滅的な手紙情報の提出を求める召喚状の後、データベースまでもが違法に削除されている。

ファン上院議長は、マリコパ郡当局者を5月18日の公聴会に招き、消えたデータベースや投票用紙、その他の重要な問題に何が起こったのかを説明しようとする機会を与えた。

フェイクニュースやLamestream Mediaは、この大きな話題を取り上げないように全力を尽くしている。

彼らは、この件について話すことも報道することも拒否している。腐敗した第三世界の選挙で何が起こっているのか、アメリカや世界に知られたくないのだ。

手紙の全文はこちら

https://cdn.donaldjtrump.com/djtweb/general/5-12-21_Letter_to_Maricopa_County_Board.pdf

スポンサーリンク

アリゾナ州上院会長カレン・ファン氏が監査委員会議長にあてた手紙(抜粋)

マリコパ監督委員会C/O ジャック・セラーズ議長
301 West Jefferson Street, #10
フェニックス、アリゾナ州 85003セラーズ会長殿
私は、上院の監査の過程で発生した3つの重大な問題の解決に向けて、あなたの援助と協力を求めたいと思います。

2020年11月3日に行われたマリコパ郡の総選挙の結果を上院が継続的に監査する過程で発生した3つの重大な問題を解決するために、あなたの援助と協力を求めます。

マリコパ郡の総選挙の監査の過程で、3つの重大な問題が発生しました。
I. 立法機関の召喚状への継続的な非遵守

第1の問題は、マリコパ郡が、立法機関の召喚に完全に応じるという以前の約束を反故にしようとする明らかな意図に関するものです。

第1の問題は、2021年1月13日に発行された立法上の召喚状を完全に遵守するという以前の約束を、マリコパ郡が反故にしようとしていることです。

スポンサーリンク



II. 保管庫の管理と投票用紙の整理の異常

監査が進むにつれ、上院議員の契約者は明らかな省略、矛盾、異常に気付いた。
監査が進むにつれ、上院の請負業者は、マリコパ郡の投票用紙の取り扱い、整理、保管に関する明らかな漏れ、矛盾、異常に気付いた。

III. 削除されたデータベース

最近、「EMSPrimary」のDドライブにある「Database」ディレクトリがすべて削除されていることがわかりました。
“EMSPrimary」というマシンのDドライブにある「Database」ディレクトリ全体が削除されていることを最近発見しました。これにより、召喚状でカバーされたと思われる選挙関連の詳細が削除されました。
召喚状でカバーされていると思われる選挙関連の詳細が削除されています。さらに、選挙管理システム(EMS)ソフトウェアのメインデータベースである

https://cdn.donaldjtrump.com/djtweb/general/5-12-21_Letter_to_Maricopa_County_Board.pdf

スポンサーリンク

アリゾナ上院議長のKaren Fann(R)は、上院の継続的な監査の過程で「発生した重大な問題」についてマリコパ郡の監督委員会に手紙を送った。

パウエル弁護士もカレン・ファンの手紙と言っている👇参照

アリゾナ郡が証拠隠○を図った可能性が高いが、アリゾナ上院はすでに証拠を握っている模様

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました