社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画】流出したUFO動画/映ったものが何ものかの調査結果は、6月に議会に報告される/マルコ・ルビオ上院議員は「これは安全保障上の脅威だ」と警告

政治

50年間の隠蔽工作を続けてきた機関によるUFOレポートが6月に発表される。正当性がありそうだ。

スポンサーリンク

マルコ・ルビオ上院議員、米国にUFO報告を「真剣に」受け止めるよう求める

 

スポンサーリンク

マルコ・ルビオ上院議員がUFO報告を真剣に受け止めるよう米国に要求。

戦闘機パイロットが60ミニッツに語ったところによると、空軍は2年間毎日バージニア州沿岸で未知の航空機を目撃していたという。

米国防総省がUFOに関する報告書を発表するのを国民が心待ちにしている中、マルコ・ルビオ上院議員は、脅威を真剣に受け止めるように呼びかけた。

新たに流出したビデオクリップでは、2019年7月、サンディエゴ沖の太平洋にUFOが落下している様子が映っている

このクリップは海軍の駆逐艦USSオマハによって撮影されたもので、4月に明らかになった同じ事件の一部であると報じられている

元海軍中尉のRyan Graves氏は、同僚とともにバージニア州沖の制限空域で物体を目撃したと述べた

グレイブス氏によると、パイロットたちは目撃情報を撮影していたが、見慣れてしまったため、当たり前のように見てしまったという。

スポンサーリンク

ルビオ議員の警告により、国防総省の未確認空中現象タスクフォースは、6月までにその調査結果を議会に報告することになった

6~700Gの力を持ち、時速13,000マイルで飛行し、レーダーを回避し、空気や水、そしておそらく宇宙空間をも飛行できるテクノロジーを想像してみてください」と彼は60ミニッツに語った。

しかも、明らかな推進力の痕跡はなく、翼もなく、制御面もないのに、地球の重力の自然な影響に逆らうことができるのです。それこそが私たちが見ているものなのです」。

新たに流出したビデオには、アメリカ海軍の職員がUFOと接近遭遇している様子が映っている。今回は、球状の物体が海に向かって制御されながら降下していく様子だ。

この映像は、米海軍のパイロットが、バージニア州の海岸沖でUFOを定期的に目撃し、超高性能の航空機の存在に慣れてしまったと語ったのと同じ日に公開された。

スポンサーリンク

海軍中尉ライアン・グレイブスは、UFOを国家安全保障に対する脅威と呼んだ

制限空域で定期的にUFOを目撃していた元海軍中尉ライアン・グレイブスは、UFOを国家安全保障に対する脅威と呼んだ。

「これは説明するのが難しいですね。回転があって、高高度があって。推進力もあるでしょう?私にはわかりません。率直に言って、これが何なのかわからない」とグレイブスは60 Minutesに語り、機密扱いではないビデオの1つを見た。

カラー画像は未確認飛行現象の一つ。その技術的能力は既知の航空機をはるかに超えており、米国の国家安全保障への懸念を引き起こしている。

動画は下記URLの「Watch the full video」をクリックすると見られます👇

Marco Rubio calls on US to take UFO reports 'seriously'
Marco Rubio, left, has warned that UFOs, right, pose a serious threat to national security and should be taken seriously. But the Florida Senator said many lawm...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました