社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【朝日、毎日問題】批判の声、鳴り止まず/弁護士見解「現実に業務を妨害したという結果が生じなくても、架空の情報を入力して予約は、偽計業務妨害にあたる」

スポンサーリンク

弁護士は、「偽計業務妨害にあたる」

●偽計業務妨害罪が成立する可能性ある

――架空の予約をすることは、何か犯罪にあたるのでしょうか。

偽計業務妨害罪(刑法233条)が成立する可能性があります。架空の情報を入力して予約を取ることは「偽計」に該当します。そして、大規模集団接種業務は業務妨害罪で保護すべき業務に該当することは明らかです。

スポンサーリンク

現実に業務を妨害したという結果が生じなくても成立する

偽計業務妨害罪は業務を妨害するおそれのある状態を生じさせれば成立します。つまり、実に業務を妨害したという結果が生じなくても成立するのです。

実務的には、たとえば、単独もしくは数人で共謀して多数人分の架空の情報を入力してこれをキャンセルすることで、ワクチンを無駄させるような行為をした場合には、偽計業務妨害罪で立件してしかるべきだと思います。

また、架空の情報を大量に入力することによりITシステムに動作障害を起こさせた場合には、偽計業務妨害罪より罰則が重い、電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法234条の2)が成立する可能性もあります。(弁護士ドットコムニュース)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

著名人の声

スポンサーリンク

ネットの声

これ強盗に置き換えたら「試しに強盗してみた。家に鍵をかけていないのが悪い。早いうちに強盗できることが判明したんだから強盗した人に感謝しろ」意味不明の理屈になるよね。

朝日、毎日のやったことは、「立ち入り禁止」の場所に、監視が甘いと言って侵入して、侵入方法も知らせたのと変わらない。これをメディアのチェック機能と擁護する人もいるが、少なくとも偽計業務妨害に相当するだろう。会社として謝罪すべき。

不正にアクセスした毎日とAERAは法的手段に訴えられるべき。

「報道の自由が」とか抜かす人いるけど、不正は不正だから違法行為を報道の自由を盾にすれば許されるという事はない

法的にどうこうシステム的にどうこう以前にひっ迫するかもと言われていた(むしろ率先して煽っていた?)のに喜々としてログインするマスコミ様が気持ち悪い。

別に国のために何かしろとは思わないけれど、国民のためになっていません。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました