社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【衝撃】ホワイトハウスの周辺で、謎の疾患により昏倒する人が続出/外交官100人以上が脳に損傷

スポンサーリンク

JCU公式ツイート

スポンサーリンク

昨年末に2人のホワイトハウス職員が謎の病気に襲われた–そのうちの1人はゲートを通って敷地内に入っていた

新たに明らかになった詳細は、こうした奇妙な事件の背後に誰が、あるいは何があるのか、捜査当局がいまだに判断に苦しんでいることを物語っている。

複数の関係者がCNNに語ったところによると、エピソードは2020年11月に国家安全保障会議の2人の職員に影響を与え、1人は大統領選挙の翌日、1人はその数週間後に発症したという。これらの事例は、世界中で100人以上の米国の外交官、スパイ、軍隊を病んだ、不可解な感覚的体験と身体的症状の組み合わせと一致しており、”ハバナ・シンドローム “として知られるようになりました。

この奇妙な神経系の症状を引き起こしているのは誰なのか、また「攻撃」と明確に呼べるものなのか、情報機関はまだよくわかっていません。このような矛盾した症状を引き起こす可能性のある技術についても、議論の余地がある。

スポンサーリンク

1人は軽症、2人目は重症

CNNが以前に報じた最初の事件は、2020年の選挙の後、NSCの職員がエリプス付近の無人のゲートを通過しようとしたときに起きたと、事件を直接知る関係者が語っている。その人物は遭遇後、頭痛や不眠などの軽い症状に悩まされただけで、いずれも1週間後には治まったという。

2人目の職員は、これまで報道されていなかったが、数週間後にホワイトハウス敷地内の入り口付近で襲われたと、この件に詳しい2人の関係者がCNNに語った。この2人の関係者によると、2人目の職員はより深刻な症状に見舞われ、すぐに医療機関を受診するほどの重症だったという

今回の事件は、2019年にバージニア州北部で発生した疑いのある事件と合わせて、海外のアメリカ人の間でのみ見られていた症状が、アメリカ国内でも増加しているのではないかという懸念が生じている。

この記事は、これらの不可解な事件に対する米国の取り組みを知る10人以上の現役・元役人へのインタビューに基づいています。

スポンサーリンク

世界各地の外交官にも

この5年間、捜査当局は、キューバ、ロシア、中国などで米国の外交官や政府職員が報告した奇妙な体験を説明するのに苦労してきた。そのエピソードは、慢性的な頭痛や脳損傷につながったケースもある。被害者は、突然のめまい、頭痛、頭の圧迫感を経験したと報告しており、時には “突き刺すような方向音 “を伴うこともあるという中には、別の部屋に移動するだけで症状から逃れられ、元の位置に戻れば再び症状が発生するという報告もあります。

上院情報委員会のリーダーが最近発表した声明によると、世界中で疑わしい症例の数は増加しています。ニューヨーク・タイムズ』紙によると、過去5年間に世界中で130件以上の事例があり、この2週間で少なくとも1件のエピソードが海外で行われたと報じています。

また、CNNが以前に報じたところによると、ヨーロッパでも疑いのある症例があり、さらに国内でも疑いのある症例が調査されているとのことです。
変則的な健康被害事件」。

議員や被害者からの圧力を受けて、バイデン政権は、情報機関が現在「異常な健康事件」と呼んでいるものについて、「事件の原因を特定し、帰属を決定し、収集活動を強化し、防止する」ための取り組みを劇的に強化している、と国家情報長官室のスポークスマンは火曜日に声明を発表した。

スポンサーリンク

高出力マイクロ波システム兵器の可能性も

2014年に公開された国家安全保障局のメモによると、2012年の時点で、「高出力マイクロ波システム兵器…ターゲットの居住区にマイクロ波を浴びせ、神経系の損傷を含む多くの物理的影響を引き起こすように設計されている」可能性を指摘する情報があったという。しかし、このメモは、そのような兵器の存在や、どの国が開発したのかを明確に確認するものではありませんでした。

また、一部の政府関係者は、このような兵器を、特に混雑したワシントンのダウンタウンで、目立たないように電源を供給し、ターゲットの脳にのみ損傷を与え、体の他の部分には損傷を与えないように正確に焦点を合わせることができるのか疑問を呈している。

同様に、もしこれらの事件が本当に攻撃であるならば、その背後に誰がいるのかも不明です。関係者によると、ロシアが犯人である可能性を示す証拠もあるが、ほとんどが状況証拠であるという。ロシアは、ハバナ・シンドロームの症状を引き起こすような兵器の研究開発を行っている数少ない国のひとつである。

US investigates second suspected case of mystery 'syndrome' near White House
Two White House officials were struck by a mysterious illness late last year -- including one who was passing through a gate onto the property -- newly revealed...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました