社会の話題と反応を発信していくネットメディア

中国のTikTokが顔写真と声紋を収集可能に/プライバシー・ポリシーを更新「ユーザーの顔写真や声紋などの生体情報を収集する」/ピーター・ナバロ「データはすべて、中共に送られる」

中国
スポンサーリンク

中国が所有するTikTokは、あなたの子供の顔と声紋を収集できるようになった

スポンサーリンク

中国のTikTokが子供の顔写真と声紋を収集可能に

2021年06月05日

中国系企業のTikTokは今週、米国でのプライバシーポリシーを密かに更新した。大人気のソーシャルビデオアプリであるTikTokは、米国のユーザーの顔写真や声紋などの生体情報を収集することを許可しました。

“水曜日に導入された新しいプライバシーポリシーには、「当社は、ユーザーコンテンツの一部である画像や音声に関する情報を収集することがあります。例えば、登場する物体や風景の識別、顔や体の特徴や属性の画像内での存在や位置、音声の性質、ユーザーコンテンツで話されている言葉のテキストなどです。

“TikTokは、「当社は、お客様のユーザーコンテンツから、フェイスプリントやボイスプリントなど、米国の法律で定義されているバイオメトリック識別子およびバイオメトリック情報を収集することがあります」と述べています。”法律で要求される場合は、そのような収集を行う前に、必要な許可をお客様に求めることになります」。

TechCrunchは、「米国では、イリノイ州、ワシントン州、カリフォルニア州、テキサス州、ニューヨーク州など、バイオメトリック・プライバシー法を制定している州はほんの一握りである」と報じています。TikTokが「法律で要求される場合」にのみ同意を求めた場合、他の州のユーザーはデータ収集について知らされなくてもよいことになりかねません」と述べています。

スポンサーリンク

人口統計学分類のために、情報収集の必要があると主張

TikTokは、「特殊なビデオ効果を可能にするため、コンテンツの調整のため、人口統計学的分類のため、コンテンツや広告の推奨のため、その他の個人を特定しない業務のために、この情報を収集する必要がある」と主張しています。

“同社が現在ユーザーのどのようなデータを収集しているのか、「フェイスプリントとボイスプリント」をどのように定義しているのか、今後どのようなデータを収集する可能性があるのか、その情報をどのように利用するのか、といった様々な質問に対して、TikTokの広報担当者は木曜日にThe Vergeに対し、「透明性に対する継続的なコミットメントの一環として、最近プライバシーポリシーを更新し、収集する可能性のある情報についてより明確にしました」と述べています。

スポンサーリンク

トランプ大統領はTIkTokの使用を禁止に

“昨年夏、ドナルド・トランプ大統領(当時)は、スパイ活動への懸念とアプリが中国共産党とつながっていることを理由に、米国でのTikTokの使用を禁止しようとしました。昨年、マイク・ポンペオ国務長官(当時)は、TikTokを使うと “あなたの個人情報が中国共産党の手に渡る “と述べた。

国防総省は以前、TikTokには “使用に伴う潜在的なセキュリティリスクがある “と警告している。運輸保安局、米陸軍、米海軍は、政府支給の携帯電話でTikTokを使用することを禁止している。

“米国民が理解しなければならないのは、子供たちが楽しみ、便利に思えるモバイルアプリに入るデータはすべて、中国のサーバーに送られ、中国軍や中国共産党、そして我々の知的財産を盗もうとする機関に送られているということです」と、ホワイトハウスの元貿易顧問、ピーター・ナバロ氏は述べた。
スポンサーリンク

参考記事

米政府機関の端末でTikTokを禁止する法案が委員会を通過/トランプ支持者、ジョシュ・ホーリー上院議員が提案
米政府機関の端末でTikTokを禁止する法案が委員会を通過 上院国土安全保障・政府問題委員会は、米国連邦職員が米国政府の端末にTikTokをダウンロードすることを禁止する法案を全会一致で可決したと、ジョシュ・ホーリー上院議員が発言しました...続きを読む

TikTok、ロンドンの児童プライバシー訴訟で数十億円の請求に直面/TikTokは「今回の主張には根拠がない」
TikTok、ロンドンの児童プライバシー訴訟で数十億円の請求に直面 大人気の動画アプリ「TikTok」とその親会社である中国のByteDance社は、ヨーロッパの数百万人の子どもたちの個人データを不正に取得したという疑惑で、ロンドンの高等...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました