社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【 BIG!】バイデン致命傷!民主党重鎮マーチン上院議員がバイデン選挙法改悪にNO!/議員「投票を妨害、抑圧し勝利を得ようとするなら彼らは負ける!。法案は米国をさらに分裂、破壊する」/上院通過は事実上不可能に

政治
スポンサーリンク

民主党重鎮がバイデン選挙法にNO

民主党の上院議員の1人が、米国の選挙法の見直しには賛成しないと述べ、バイデン政権の最重要課題の失敗がほぼ確実となりました。また、ウェストバージニア州のジョー・マンチン上院議員は、フィリバスター(議事妨害)の廃止にも反対しています。

スポンサーリンク

マンチン上院議員の反対により、民主党の選挙法案の先行きが危ぶまれる。

ワシントン(AP) – 民主党の主要な上院議員は、少なくとも過去一世代の間に行われた最大規模の選挙法の見直しには投票しないと述べている。

“ウェストバージニア州のジョー・マンチン上院議員は、地元のチャールストン・ガゼット・メール紙に、党派的に行われる投票・選挙制度改革は、党派間の対立がますます深まることを意味する」と書いている。

マンチン上院議員は、投票法案で両党をまとめることができなければ“選挙で選ばれた議員として守り抜くことを誓った共和国をさらに分裂させ、破壊する危険性がある “と書いている。

スポンサーリンク

法案通過の可能性はなくなる

上院院内総務のチャック・シューマー氏(民主党)は、上院議員の立場を確かめながら、6月21日の週に選挙法案を採決することを約束している。しかし、マンチン氏の支持がなければ、この法案が進む可能性はない。共和党は一致団結して反対している。

“マンチン氏は「国を一つにまとめ、団結させるには間違った法案だと思いますし、さらに分裂させることになると思うので支持しません」と語りました。また、マンチン氏は、共和党が超党派的な取引の必要性を理解すると信じていると述べた。

“マンチン氏はまた、共和党が超党派的な取引の必要性を理解すると信じていると述べ、「もし彼らが、人々の投票を妨害し、抑圧することで勝利を得ようと考えるなら、彼らは負けるでしょう。私が保証します」と語った。

スポンサーリンク

バイデン「あきらめない」/共和党上院は全員反対

バイデンは、投票権は「貴重」であり、守られなければならないと述べ、6月は議会での「行動の月」になると約束しました。“バイデンは、「私たちはあきらめません。”通過のためにあらゆる手段を使って全力で戦うつもりだ」と述べた。

ケンタッキー州のミッチ・マコーネル上院共和党党首は、この選挙法案を阻止することを約束しました。この法案は、州の選挙制度に対する政府の過剰な介入とみなされています。共和党の上院議員でこの法案を支持している者はいないと述べている。

スポンサーリンク


“マンチン氏は、「党派的な投票法案は、すでに弱体化している民主主義の結合を破壊すると信じており、そのために私は『For the People Act』に反対票を投じる」と書いています。“さらに、私はフィリバスターの弱体化や廃止には投票しない」。

3月、下院民主党は、投票法案を220対210可決した。この法案は、民主党が2018年に下院の過半数を獲得して以来、民主党の優先課題となっている。

ジョゼフ・マンチン3世(wikipedia)

(Joseph Manchin III、1947年8月24日 – )は、アメリカ合衆国の政治家。民主党に所属している。

ジョー・マンチン - Wikipedia
スポンサーリンク

(参考)フィリバスター

日本語で「議事妨害」と訳され、審議を続けることで議事進行を遅延させる上院の少数党の戦術議員がフィリバスターを宣言し、議場に居続ければ成立する。
現状、フィリバスターを回避できるという確信が得られない限り、法案を取り上げないことが常態化している。よって下院を通った法案は、フィリバスターを使えば上院で廃案に追い込まれる

フィリバスターを終結させるのに、全議席の6割に当たる60人もの議員の賛同が必要。この40年間、どちらかの政党が60議席以上占めたことは一度もない。(現状は50:50)。つまり、共和党側がフィリバスター制度を利用すれば、多数党の法案を阻止できる。

この法案も事実上、共和党の上院10人が寝返らない限り、法案成立は不可能。マーチン議員の反対でさらに不可能。

選挙法改正は72%が反対している

トランプ大統領は、有権者IDなしでの投票に賛成する企業にボイコットを呼びかけた

スポンサーリンク

参考記事

「バイデンの有権者ID否定」の考えにNO!を突きつける黒人指導者、ますます増える/スポーツ、政治、ビジネス等の各分野で
有権者証明書を受け入れ、バイデン氏の主張を否定する黒人指導者の増加 2021年4月25日 スポーツ、政治、ビジネスの分野で、黒人指導者たちが、ステイシー・エイブラムスの投票に関する見解に対する反撃を始めている。 マーク・ロビン...続きを読む
バイデン政権が進めている「有権者IDなしで投票ができる法案」に国民の75%が反対/ラスムセンレポート
75%が有権者ID法をサポート 2021年3月17日 米国上院がアメリカの選挙法を改正する法案を検討しているが、有権者は依然として、投票する前に有権者が身分証明書を提示することを要求する法律を圧倒的に支持しています。 新しいラ...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました