社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【第45代トランプ大統領声明】第45代トランプ大統領の発言は、禁止令後もソーシャルメディアで大きく広がったと分析されている(washingtonexaminer)

政治
スポンサーリンク

第45代トランプ大統領声明

トランプの発言は禁止後もソーシャルメディアで大きく拡散

06/08/21

Nihal KrishanによるWashington Examineの記事全文をご覧ください。
ICYMI: “Trump statements spread far on social media even after ban, analysis finds”
Over the past four years, Donald J. Trump's administration delivered for Americans of all backgrounds like never before. Save America is about building on those...続きを読む
スポンサーリンク

トランプ大統領の発言は、禁止令後もソーシャルメディアで大きく広がったと分析されています。

ドナルド・トランプ前大統領のオンラインでの発言は、ほとんどの主要なプラットフォームからのアクセスが禁止されているにもかかわらず、ソーシャルメディア上で大きく拡散していることが報告されている。

ニューヨーク・タイムズ紙が月曜日に発表した分析結果によると、1月のソーシャルメディア解禁後のトランプ氏の発言の多くは、解禁前と同じくらい、あるいはそれ以上の数の「いいね!」や「シェア」を獲得している

1月6日の国会議事堂襲撃事件に関与したことを理由に、ソーシャルメディアでの発言を禁止する前のトランプ氏の発言は、主にFacebookとTwitterで中央値272,000件の「いいね!」や「シェア」を獲得していました。解禁後は、中央値で36,000件の「いいね!」と「シェア」を獲得しているが、過去数ヶ月間のトランプ氏の発言89件のうち11件は、解禁前と同等かそれ以上の人気を集めている。

スポンサーリンク

プラットフォームの廃止は有害なネットワークを混乱させ、有害な個人の影響力を鈍らせる

ソーシャルメディア利用禁止後のトランプ氏の発言でシェア数が多いのは、Breitbart News、「President Donald Trump Fan Club」というFacebookページ、Fox News、そして2020年の選挙詐欺訴訟で法廷で大敗したトランプ氏の法務チームのメンバーであるJenna Ellis氏などです。

ニューヨークの民主党は、競合他社が大手ハイテク企業を訴えやすくするために動いている。

“アトランティック・カウンシルのデジタル・フォレンジック・リサーチ・ラボのフェローであるエマーソン・ブルッキング氏は、トランプ氏のケースが示すように、プラットフォームの廃は偽情報を『解決』するものではありませんが、有害なネットワークを混乱させ、有害な個人の影響力を鈍らせるものですとTheTimesに語っています。

Trump statements spread far on social media even after ban, analysis finds
Despite a ban from most major platforms, former President Donald Trump's online statements are reportedly spreading far and wide on social media.
スポンサーリンク

参考記事

トランプ氏からのNew message(Save America)/バイデンは災難の始まりだ。の国境は大規模な不法移民を引き起こし、アメリカの良質な雇用を奪い、最大の増税を提案している
kamTVカンブリー氏 「トランプからのNew message」 ジョー・バイデンは災難の始まりだ。私たちの国境は大規模な不法移民を引き起こし、アメリカの良質な雇用を奪い、最大の増税を提案している。 史上最大の増税を提案するな...続きを読む
【ファウチとエプスタインが間接的に繋がっていた】ファウチはエプスタインの資金提供を受けている「ランダー氏」と盟友だった/その「ランダー氏」は、現在バイデンがホワイトハウスで科学顧問として雇っている
ファウチは「ホワイトハウスにいるエプスタインと関係のある科学顧問」と長年の友人である。 2021年6月7日 ファウチ←(友人)→ランダー←(友人)→エプスタイン←(友人)→ビルゲイツ/←(赤):資金提供 不祥事を起こした政府職員のアン...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました