社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ氏、民主党にいながら選挙改悪法案とフィリバスター制度廃止に反対したマンチン議員を称賛/「彼は正しいことをした」

政治
スポンサーリンク

ドナルド・トランプは民主党のジョー・マンチン上院議員を「正しいことをしている」と称賛した。

スポンサーリンク

トランプ氏、フィリバスター廃止に反対したジョー・マンチン氏を称賛

2021年06月07日

ドナルド・トランプ前大統領は月曜日、ウェストバージニア州の民主党上院議員のジョー・マンチン氏が「正しいことをしている」と、上院のフィリバスターに反対していることを称賛した。

トランプ氏は、Fox Business Networkの「Varney & Co.」でのスチュアート・バーニー司会者とのインタビューで、自党からの反発にもかかわらずマンチン氏が反対したことを「非常に重要なことだ」と述べた。

「そうでないと、最高裁判所に詰め寄ることになり、選挙中には考えられなかったり、まったく取り上げられなかった、あらゆる種類の非常に悪いことをしていることになる」

スポンサーリンク

マンチン議員は選挙制度見直しにも反対し、他の穏健派民主党議員もフィリバスター廃止には投票しないと述べた

中道派の民主党員であるマンチン氏は、民主党が上院で議題を可決する上で重要な役割を担っていますが、日曜日にチャールストン・ガゼットメール紙に寄稿した記事の中で、フィリバスターに関する自身の見解を繰り返し述べ、民主党が進める選挙制度の見直しを目的とした「For the People Act」にも反対した。

アリゾナ州選出のクリステン・シネマ上院議員(民主党)など、他の穏健派の民主党上院議員も、フィリバスター廃止には投票しないと述べている。

進歩派の議員や団体は、共和党がほとんどすべての主要な立法措置を阻んでいることから、手続き上のハードルをなくすよう指導者に圧力をかけていると、The Hillは報じている(newsmaxより引用抜粋)

https://www.newsmax.com/politics/trump-manchin-filibuster/2021/06/07/id/1024207/
スポンサーリンク

民主党重鎮がバイデン選挙法にNO

民主党の上院議員の1人が、米国の選挙法の見直しには賛成しないと述べ、バイデン政権の最重要課題の失敗がほぼ確実となりました。また、ウェストバージニア州のジョー・マンチン上院議員は、フィリバスター(議事妨害)の廃止にも反対しています。

スポンサーリンク

(参考)フィリバスター

日本語で「議事妨害」と訳され、審議を続けることで議事進行を遅延させる上院の少数党の戦術議員がフィリバスターを宣言し、議場に居続ければ成立する。
現状、フィリバスターを回避できるという確信が得られない限り、法案を取り上げないことが常態化している。よって下院を通った法案は、フィリバスターを使えば上院で廃案に追い込まれる

フィリバスターを終結させるには、全議席の6割に当たる60人もの議員の賛同が必要。この40年間、どちらかの政党が60議席以上占めたことは一度もない。(現状は50:50)。つまり、共和党側がフィリバスター制度を利用すれば、民主党の法案を阻止できる。

この法案も事実上、共和党の上院10人が寝返らない限り、法案成立は不可能。マーチン議員の反対でさらに不可能。

【 BIG!】バイデン致命傷!民主党重鎮マーチン上院議員がバイデン選挙法改悪にNO!/議員「投票を妨害、抑圧し勝利を得ようとするなら彼らは負ける!。法案は米国をさらに分裂、破壊する」/上院通過は事実上不可能に
民主党重鎮がバイデン選挙法にNO 民主党の上院議員の1人が、米国の選挙法の見直しには賛成しないと述べ、バイデン政権の最重要課題の失敗がほぼ確実となりました。また、ウェストバージニア州のジョー・マンチン上院議員は、フィリバスター(議事妨害)...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました