社会の話題と反応を発信していくネットメディア

スクープ映像!<疑惑が公になる時33>武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた/当初中国とWHO調査官は陰謀だと否定していた。その後15,000の実験ファイルが消失/skynews

コロナ
スポンサーリンク

武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた(当時、武漢市場にはコウモリは販売されていない)

ジャストイン-新しい映像は、武漢バイオラボが施設内に生きたコウモリを飼っていたことを示しており、データは、ウイルスが表面化したときに15,000を超える実験ファイルが「消えた」ことを示しています。

スポンサーリンク

スカイニュースの独占スクープ

コウモリ由来のウイルスが武漢の研究室に持ち込まれ、不慮の事故で流出したのか?あるいは、感染した作業員がいたのか。この映像の証拠が、これらの疑問のいくつかを明らかにしてくれるだろう。

武漢ウイルス研究所は、国際的な科学研究を促進するために中国政府とフランス政府が共同で建設したものである。フランスと中国の首脳が調印式に出席しているのがわかる。協定に署名し、中国の習近平国家主席がフランスで初めてレベル4の研究所を訪問した。

VIDEO

WORLD EXCLUSIVE: Footage proves bats were kept in Wuhan lab
スポンサーリンク

オーストラリア、スカイニュースキャスター、シャリ氏のツイート

武漢ウイルス研究所は生きたコウモリを檻の中に入れていた。施設内からの新しい映像が明らかになった。 これは、提案が「陰謀」であると主張したピーター・ダザックのような世界保健機関の調査官からの否定を反証します。

世界保健機関の調査官ピーター・ダザックは当初、この削除されたツイートでWIVにコウモリがいたことを否定しました。別のツイートでは、彼はそれを陰謀説と呼んだ。

スポンサーリンク

調査チームは調査さえしなかった

WHOの報告書は、武漢ウイルス研究所にコウモリがいたことについて言及していなかった-そして調査チームは尋ねなかった!

スポンサーリンク

否定していた武漢研究所内に生きたコウモリがいた映像が公開

復元されたデータによると、15,000の実験用ファイルがウイルスの表面化とともに消えてしまったとのことです。

否定していた武漢研究所内の生きたコウモリの映像が新たに公開されました。

スポンサーリンク

コロナ流行前に、武漢市場に野生動物4万7千匹が生きたまま販売されるも、コウモリはいなかった。

2021/06/12

中国で新型コロナの感染が最初に広がった湖北省武漢市内の市場で、感染流行前の2年半に4万7千匹を超える野生動物が生きたまま売買されていたとの研究論文が12日までに英科学誌で公表された。

論文は英オックスフォード大などの動物研究者らが執筆。新型コロナとは別の病原について市場を調査していた。新型コロナの集団感染が最初に確認された「華南海鮮卸売市場」を含む計17の市場で、クジャク、タヌキ、ヘビなど38種4万7381匹の野生動物が売られていたことを確認した。

ウイルスの中間宿主になるとされるミンクやハクビシンがいたが、コウモリやセンザンコウはいなかった。(共同)

武漢市場に野生動物4万7千匹 コウモリはおらず、コロナ流行前
【北京共同】中国で新型コロナの感染が最初に広がった湖北省武漢市内の市場で、感染流行前の2年半に4万7千匹を超える野生動物が生きたまま売買されていたとの研究論文が12日までに英科学誌で公表された。 論文は英オックスフォード大などの動物研究者らが執筆。新型コロナとは別の病原について市場を調査していた。新型コロナの集団感染が...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

BIG!<疑惑が公になる時32>G7公式声明草案で、ウイルスの起源に関するフェーズ2の調査を要求!/WHOテドロス事務局長、手のひら返し「ウイルス起源がG7で議論された」「中国の協力と透明」が十分ではなかった」
G7、公式声明草案でCOVIDの起源に関する新たな「WHOを中心とした」フェーズ2調査を要求 G7サミット:リーダーはCovid起源の中国の実験室リーク理論について議論したとWHOのチーフ 2021/6/13 世界保健機関の局...続きを読む
NEW!<疑惑が公になる時31>ゲノム配列が人工ウイルスを証明!/ウイルスが中国の研究所で意図的に作られたものであることを「レア」なゲノム配列がほぼ確実に証明。
「レアな」ゲノム配列決定は、Covid が世界に流出する前に中国の研究所で意図的に作成されたことをほぼ確実に証明している 「COVID」が世界に流出する前に中国の研究所で意図的に作られたものであることを、「希少」なゲノム配列でほぼ確実...続きを読む
<疑惑が公になる時30>中国の科学者がウイルスが世界的な大流行になる前に、ワクチンの特許を申請したが、その後謎の死を遂げた/中国が認めるよりもずっと早くウイルスについて知っていた可能性を示唆
中国の科学者が謎の死 中国の科学者が人民解放軍に代わり、ウイルスが世界的な大流行になる前にCOVID19ワクチンの特許を申請したが、その後2020年に謎の死を遂げた。 中国軍の科学者が、ウイルスの世界的流行が宣言される前にCOV...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました