社会の話題と反応を発信していくネットメディア

NEW!【ミシガンも!アリゾナからドミノ倒し】/ミシガン州 – 裁判所が監督する法廷監査 – 新しい投票用紙の改ざんと印刷異常の証拠/コンピュータセキュリティ会社CEOが宣誓供述

政治
スポンサーリンク

ベンジャミン・R・コットンの宣誓供述書 2021年6月8

I. ベン・コットンは、正式に宣誓した上で、ここに宣誓し、次のように述べます。(抜粋)
2)
私は、CyFIR, LLC(サイファー)の設立者です。
3)
私は、メリーランド大学ユニバーシティ・カレッジで情報技術管理の修士号を取得しています。
メリーランド大学ユニバーシティ・カレッジで情報技術管理の修士号を取得しています。また、以下のような数多くの技術的資格を持っています。

CISSP(Certified Information Systems Security Professional)、MCP(Microsoft Certified
プロフェッショナル(MCP)、Network+、CyFIRフォレンジック&インシデント・レスポンス認定審査員など、数々の技術認定を受けています。
4)
25年以上にわたり、コンピュータ・フォレンジックおよびその他のデジタル・システム分析を行ってきました。
およびその他のデジタルシステム分析を行った25年以上の経験があります。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

Rusmssenn Reportsのツイート/ミシガン州の法廷監査での疑惑

2020年の選挙の完全性。ミシガン州 – 裁判所が監督する法廷監査 – 新しい投票用紙の改ざんと印刷異常の証拠 – 大きい

印刷された、あるいは手作業で修正された投票用紙は、通常のスキャンに失敗し、目に見えない他人が市民の投票を決定する「裁決」にかけられる。

図4の縦の赤い線は、特定の投票が選択されたかどうかを判断するために、タビュレーターがスキャンする領域の特定の中心点を示しています。票の評価に使われる投票箱の中心は、事実上2mm左に移動している。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

 ドミニオン社のキャリブレーション・シートについての、ベンジャミン・R・コットンの宣誓供述書

Dominion Voting Systemsのキャリブレーションシートを図5に示す。このキャリブレーション・シートには、外側のマーカー、内部のコンテスト・ブロック、投票選択の箇条書きなどは含まれていない。このシートは、集計担当者が選挙に備えてスキャナを「較正」するための観察可能な手段を提供するものではない。

ドミニオン社のキャリブレーションシートを示しています。このキャリブレーションシートには、外部マーカー、内部コンテストブロック、および投票選択の箇条書きは含まれていません。これは、選挙に備えてタビュレーターがスキャナーを「調整」するための観察可能な手段を提供しません。

偽証罪の罰則の下で、私は前述の報告書を読み、そこに記載されている事実が真実であることを宣言します。

スポンサーリンク

ラスムセン社のツイート

スポンサーリンク

物理的な投票用紙と、投票用紙の周囲にある関連ブロックは、ペンやその他のマーカーで改ざんと修正/投票用紙の通常の折り畳みと処理にはない歪み

セントラルレイクタウンシップのslog.txtファイルのフォレンジック分析では、物理的な投票用紙の外側のマークに特定の不規則性が見られます。15、18、28、41、44ブロックでは、投票用紙の縁に沿った外側のマークが修正されていました。これらの不正は、投票用紙の右端と左端の両方に見られた。

投票用紙の右側と左側の両方に見られた。物理的な投票用紙と、投票用紙の周囲にある関連ブロックは、ペンやその他のマーカーで改ざんと修正されており、ブロックの形状を歪め、ICPが通常の処理ではなく投票用紙を反転させるようになっていた。

スポンサーリンク


投票用紙の折り畳みと処理に関する実験では、折り畳みによって外側のマーカーに歪みが生じた場合に、このシナリオで観察されたものとは異なるエラーコードが生成されることが判明した。

具体的には、折りたたむことでマーカーが「欠けている」というエラーが発生する可能性がありますが、今回観測されたエラーはマーカーが大きくなってしまった場合のものだ。

テストによると、投票用紙を上から順にタビュレーターに投入した場合、逆転率は非常に低く、1%未満です(高品質の票が記入されている場合)。同じ投票用紙を下から順にタブレータに投入すると、逆転率は約20%と大幅に高くなります。

スポンサーリンク

参考記事

スクープ映像!<疑惑が公になる時33>武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた/当初中国とWHO調査官は陰謀だと否定していた。その後15,000の実験ファイルが消失/skynews
武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた(当時、武漢市場にはコウモリは販売されていない) ジャストイン-新しい映像は、武漢バイオラボが施設内に生きたコウモリを飼っていたことを示しており、データは、ウイルスが表面化したときに15,000を超え...続きを読む
【超疑惑!】ヒラリーメール事件の最中に「FBIの捜査を指揮する立場」のリンチ司法長官と、ビル・クリントンが面会していたことをスクープしたジャーナリストが遺体で発見!/警察は『自殺』として捜査
ビル・クリントンと当時のロレッタ・リンチ司法長官の密会をスクープした記者が自殺 ビル・クリントンと当時のロレッタ・リンチ長官がEメール調査を中止する前に駐機場で密会していたことをスクープした記者(45歳)が自殺したと報じられる。 ...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました