社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【アリゾナ監査】正義の漢、AZ州ブルノビッチ司法長官、怒りの声明/「司法省、FBIよ、アリゾナから手を引け!監査への干渉はいかなる場合も許さない!/梅田司法省がアリゾナ監査を干渉・妨害しようとしている動きに対し

政治
アリゾナ州の司法長官は、連邦政府の対応者は、連邦政府による監視の必要性があるかもしれないと示唆することにより、「国家主権に対する憂慮すべき軽蔑」を示していると述べた。

アリゾナ共和党上院公式ツイート

アリゾナ州ブルノビッチ司法長官、アリゾナ監査と州の権限のために立ち上がってくれて!ありがとうございました

アリゾナ州司法長官ブルノビッチから米国司法省へ

「司法省の姿勢は不愉快だ。州上院の監査を弱体化させたり、妨害しようとする努力は許されない」

ブルノビッチ司法長官、FBIに共和党の選挙監査を妨害しないよう指示

2021年6月14日

州司法長官マーク・ブルノビッチは、連邦政府の担当者に、2020年の選挙結果の監査の邪魔をしないよう警告した。

月曜日にメリック・ガーランド連邦検事総長に宛てた手紙の中で、ブルノビッチ氏は、ベテランズ・メモリアル・コロシアムで行われていることを連邦政府が監視する必要があるかもしれないと示唆することで、「州の主権を驚くほど軽視している」と述べました。そして、ブルノビッチ氏は、いかなる干渉も訴訟につながることを示唆した。

「アリゾナ州は、バイデン政権が権限を乱用し、法律を守らず、州の主権を乗っ取ろうとするのを黙って見ているわけにはいかない」と、ブルノビッチ氏は書いている。

メリック・ガーランド連邦検事総長が「アリゾナは偽情報だ」と指摘したことが発端

今回のブルノビッチ氏と政権との政治的対立の原因となっているのは、ガーランド氏が金曜日に行ったスピーチで、アリゾナ州で行われたような投票審査は「偽情報に基づいている」と指摘したことである。さらに言えば、ガーランド氏は、司法省は監視しており、行動を起こすかもしれないと述べた。

ガーランド氏は、「選挙後の監査や投票制限を正当化する理由の多くは、法執行機関や情報機関が拒否した2020年の選挙での不◯投票に関する主張に依拠しています」と述べた。

また、ガーランド氏は、同局の公民権部門が今後30日間で投票権の執行に携わるスタッフを倍増させ、選挙後の手続きに関する連邦政府のガイダンスをより多くすることを発表した。

彼はガーランドに手を引くように言った

“私の事務所は司法省の姿勢を面白がっているわけではなく、選挙の正確さについてアリゾナ州民を安心させるための州議会上院の監査を弱体化させたり、妨害したりするいかなる努力も許さない」とブリノビッチ氏は書いている。“我々は、いかなる党派的な攻撃や連邦政府の過剰な介入からも、連邦主義と州主権を守る準備ができている」と述べている。

ブリノビッチ氏は、連邦政府の介入や監視は不必要であるだけでなく、違法であると主張している。

“州が連邦政府を作ったのであって、その逆ではないことを忘れてはならない」とガーランド氏に伝えた。

https://tucson.com/news/government-and-politics/ag-brnovich-tells-feds-to-not-interfere-with-gop-election-audit/article_4bd7fb4e-cd69-11eb-adb8-8b1dc89dabf1.html?utm_campaign=snd-autopilot&utm_medium=social&utm_source=twitter_
マーク・ブルノビッチ(wikipedia)

1966年11月25日生まれ。アリゾナ州の第26司法長官を務める、アリゾナ州出身のアメリカ人弁護士、退役軍人、共和党。

Mark Brnovich - Wikipedia

参考記事

シドニーパウエル弁護士/今週のグッドニュース「アリゾナ監査は終了しつつあり、大きな乖離がわかってきた」「トランプが正しいことをメディアも認めざるを得なくなっている」
"今週のグッドニュース "をお届けします。 私たちは多くの面で勝利しています。 これからもたくさんの勝利が待っていますので、勇気を持ってください。 2021年6月13日、今週のグッドニュースです。 ...続きを読む
404 NOT FOUND | Total News World
時事のニュースと話題を掘り下げます
タイトルとURLをコピーしました