社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【疑惑が公になる時34】武漢研究室に関係あるNC大学の免疫学の教授は、2018年にパンデミックで金儲けする方法をレクチャーしていた/防護服メーカーや抗ウイルス剤関連の株を買えばよい

コロナ
スポンサーリンク

ノースカロライナ大学の免疫学の教授は、パンデミックで金儲けする方法をレクチャーしていた

2018年に学会で講演した際、武漢の研究室にリンクされ機能獲得の擁護者であるラルフ・バリック博士は、発覚したビデオの中で「次のパンデミック」で「金儲け」をする方法を参加者にアドバイスしている。

スポンサーリンク

2018年のビデオでは、武漢ラボのパートナーがパンデミックで金儲けする方法を企てている。

JUNE 13, 2021

2018年に学会で講演した際、武漢ウイルス学研究所と共同研究者でゲインオブファンクションの提唱者であるラルフ・バリック博士は、次のパンデミックで「金儲け」する方法を参加者にアドバイスした。

バリック-武漢ウイルス学研究所の学会に出席しており、武漢の「コウモリ女」石正理から「長年の協力者」の一人と評されている-は、2018年4月にノースカロライナ大学チャペルヒル校で開催されたイベントでコメントを発表しました。

バリックは、機能獲得研究の解禁を「重要」と表現しているが、武漢の研究室にヒト化マウスを提供して、SARS類似のコロナウイルスを用いた議論を呼ぶ研究形態を実施する可能性もあるという。

スポンサーリンク

機能獲得が重要なツールの一つと主張

バリックは2014年、機能獲得研究のモラトリアムに反対するロビー活動を行いながら、「機能獲得は、公衆衛生の準備と対応のための重要なツールとなるアプローチの1つです」と主張した。

2018年の講演「Imagining the Next Flu Pandemic – and Preventing it!!!」では、「Global Catastrophe」と題したスライドを提示している。

スポンサーリンク

世の中には勝者がいる。パンデミックで儲けるため、ウイルス関連の会社の株を買えば良い

チャンスは存在する” このスライドでは、エボラ出血熱の流行時にどのような種類の銘柄や産業が急騰したかを紹介しており、これをもとに “次のパンデミックで儲ける “ための金融アドバイスを推定しています。

私はあなたに良いニュースを伝えたかったのです。世の中には勝者がいるんだ。次のパンデミックに備えてお金を稼ぎたいなら、防護服メーカーやパンデミック用の抗ウイルス剤を製造している企業の株を買えばいいのです」と述べています。

“社会が激変する時には、政治的な利益、経済的な利益、個人的な利益を得る機会があり、それはおそらく起こるでしょう」と付け加えています。(thenationalpulse)

WATCH: 2018 Video Shows Wuhan Lab Partner Scheming on How to Make Money from a Pandemic.
thenationalpulse.com › topics › racial-equality-activist

ビデオ

2018: Wuhan Lab Partner Scheming on How to Profit from a Pandemic.
WATCH: 2018 Video Shows Wuhan Lab Partner Scheming on How to Make Money from a Pandemic.
スポンサーリンク

ラルフ・スティーブン・バリック(wikipedia)

1954年生まれ。ノースカロライナ大学チャペルヒル校の疫学部のウィリアム・R・ケナン・ジュニア教授であり、微生物学および免疫学部の教授です。

バリックの仕事にはコロナウイルスが含まれます。バリックは、人獣共通感染症が原因で、世界の健康に対する重大な脅威として現れるコロナウイルスの出現について警告しています。

Ralph S. Baric - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

スクープ映像!<疑惑が公になる時33>武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた/当初中国とWHO調査官は陰謀だと否定していた。その後15,000の実験ファイルが消失/skynews
武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた(当時、武漢市場にはコウモリは販売されていない) ジャストイン-新しい映像は、武漢バイオラボが施設内に生きたコウモリを飼っていたことを示しており、データは、ウイルスが表面化したときに15,000を超え...続きを読む
BIG!<疑惑が公になる時32>G7公式声明草案で、ウイルスの起源に関するフェーズ2の調査を要求!/WHOテドロス事務局長、手のひら返し「ウイルス起源がG7で議論された」「中国の協力と透明」が十分ではなかった」
G7、公式声明草案でCOVIDの起源に関する新たな「WHOを中心とした」フェーズ2調査を要求 G7サミット:リーダーはCovid起源の中国の実験室リーク理論について議論したとWHOのチーフ 2021/6/13 世界保健機関の局...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました