社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「何故、デマを発信するのか」朝日新聞が解説した/ネット:「さすがデマと捏造に精通している」「よーいうわ」

スポンサーリンク

なぜデマを発信するのか

スポンサーリンク

発信したデマを「泣く泣く」削除 運営者は連絡を絶った

2021年6月19日

市議が容疑者の親戚だとするうその情報を掲載したまとめサイトの記事。大半は修正されたが、市議の長男が経営する会社が印刷して保管している

市議会議員は容疑者の親戚――。茨城県で起きた一家殺傷事件をめぐり、容疑者と同姓で近所に住んでいた男性市議がネットで広まったデマに振り回された。

スポンサーリンク


この情報に私が気付いたのは、容疑者の男が逮捕された5月7日。男の自宅周辺での取材に加わっていた。人となりを探ろうとして見ていたSNSでは、市議に関する情報が飛び交っていた。

後日、市議を訪ねると「容疑者と親戚ではない」と明確に否定し、無言電話や中傷メールが相次いだことを明かした。逮捕の翌日に訪れたなじみのゴルフ場では、職員の視線も普段と違うように感じたという。事件と無関係の市議の日常は一変した。

デマを拡散したSNSの投稿には、いわゆる「まとめサイト」の記事へのリンクを張ったものが目立った。ひとたび事件が起きると、検索エンジンの上位にはこうした真偽不明の情報をまとめた同種のサイトが表示される。

スポンサーリンク

なぜデマを発信するのか。

いくつかのサイトの運営者に取材を試みると、そのうち一人とメールでやり取りすることができた。

運営者は、情報源はネット掲示板の投稿だと説明した。サイトの運営で生計を立てているとの説明や、大事件は収入を得る「好機」だという身勝手な主張、市議から削除と謝罪文の掲載を求められ「泣く泣く」応じたことを記事で紹介した。(朝日新聞)

記事続く

発信したデマを「泣く泣く」削除 運営者は連絡を絶った:朝日新聞デジタル
 市議会議員は容疑者の親戚――。茨城県で起きた一家殺傷事件をめぐり、容疑者と同姓で近所に住んでいた男性市議がネットで広まったデマに振り回された。 この情報に私が気付いたのは、容疑者の男が逮捕された5月…
スポンサーリンク

ネットの声

朝日が書くと違うわ

実績がある朝日

デマには精通しているからな

捏造、デマ、偏向なんでもあり

よくデマがなぜ起きるかとか書けるわ。厚顔無恥

スポンサーリンク

参考記事

http://totalnewsjp.com/2021/06/17/asahi-7/
有村治子議員「真実がねじ曲げられ国益を損ねた、大手新聞などと匿名にする必要などない」/官房長官「大手新聞とは朝日新聞だ」「報道は極めて問題」/茂木外相「韓国が常にゴールポストを動かす」/慰安婦問題で答弁
「韓国によりゴールポストが動かされる」 朝日報道は「極めて問題」慰安婦問題 外相、官房長官が答弁 2021/5/31 茂木敏充外相は31日の参院決算委員会で、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意前後の韓国政府の...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました