社会の話題と反応を発信していくネットメディア

安倍前総理周辺、稲田氏を批判/「彼女は変わってきた。違う方向にいっている」/男女別姓・LGBTで保守派からも大批判

スポンサーリンク

安倍氏周辺が稲田元防衛相を批判 LGBT法案での「左傾化」を懸念

6/18(金)

安倍晋三・前首相のメディア露出が増え、キングメーカー説や再々登板説が喧しい。そうした安倍氏の“復権”に向けた動きと軌を一にして、保守派論壇からは自民党の“反安倍”政治家を批判する論調が強まっている。

 批判のターゲットとなっているのが、「保守派のジャンヌ・ダルク」と呼ばれ、安倍氏の“後継者候補”とみられていた稲田朋美・元防衛相だ。

 稲田氏が野党と協議しLGBT(性的少数者)への理解増進法案とりまとめの立役者となったことが、保守派を刺激した。

スポンサーリンク

櫻井よし子氏、産経の阿比留氏も稲田氏の変節を批判

安倍氏に近いことで知られる産経新聞の阿比留瑠比・論説委員は5月27日付のコラムで、稲田氏がかつて人権擁護法案を「率直に意見を言う愛すべき政治家の活動すら、この法案が通れば非常に危うい」と反対していたことを取り上げたうえで、

〈同様の危険性と弊害がある2つの法案に対し、稲田氏の見解がここまで違う理由が理解できない。いつどうして宗旨変えしたのか〉と“変節”を批判し、

〈リベラル全体主義に取り込まれ、左派活動家に利用されるようでは、自民党は存在意義を失う〉

スポンサーリンク


と断じた。保守論壇の重鎮、櫻井よしこ氏も産経新聞のコラム「美しき勁き国へ」(6月7日付)で「自民左傾化 危うい兆候」と題して〈私も将来を期待する稲田氏はなぜ変身したのか〉と指摘し、自民党にこう警鐘を鳴らした。

〈日本の価値観の神髄を守りながら新しい時代のより良い価値観を受け入れていくのが保守である。根幹はしっかりと維持するものなのだ。それを忘れての左傾化ならば保守層の自民党への支持は着実に消えていくだろう〉

そうした声が高まり、潮目が変わった。

 LGBT法案は、自民党保守派の反対で国会での成立が見送られた。与野党が合意しながら成立しないなど異例中の異例であり、稲田氏のメンツは丸つぶれになった。

スポンサーリンク

彼女は変わってきた。違う方向にいっているね

安倍側近議員が語る。

「安倍さんはこれまで稲田さんに期待して引き立ててきたが、最近は、『彼女は変わってきた。違う方向にいっているね』と残念がっている」

稲田氏が保守派の“虎の尾”を踏んだきっかけは、「選択的夫婦別姓」を掲げたことだ。昨年11月、稲田氏が衆院法務委員会で結婚後も旧姓を使用できる法改正を提案すると、安倍氏が会長を務める保守派の有力議連「神道政治連盟国会議員懇談会」の事務局長を更迭され、安倍氏の“後継者候補”の座を追われた。

(NEWSポスト7引用、記事続く)

安倍氏周辺が稲田元防衛相を批判 LGBT法案での「左傾化」を懸念(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
 安倍晋三・前首相のメディア露出が増え、キングメーカー説や再々登板説が喧しい。そうした安倍氏の“復権”に向けた動きと軌を一にして、保守派論壇からは自民党の“反安倍”政治家を批判する論調が強まっている
スポンサーリンク

参考記事

LGBT法案、安倍前総理が「絶対通すな」と防波堤になっていた/法案をしつこく提案している「稲田朋美氏」は保守から総スカン/ネット:やっぱり安倍前総理だった
LGBT法案は安倍総理の一声で頓挫した模様 今国会で提出が見送られた「LGBT法案」。この法案をめぐる自民党内の動きを見てみると、菅首相の「敵」が党内にも潜んでいることがわかる。 「ある総理経験者が『これは闘争だ』と言って、(議連が...続きを読む
【LGBT法案】長尾たかし議員、稲田朋美氏の「LGBT法案は自民党内圧倒的賛成多数だった」に反論。「党内二分、真っ二つだった。そうでなければ「預かり」にはならなかった」
長尾たかし議員のツイート 産経新聞、阿比留瑠比氏の記事 「議論の論点は、与野党の実務者が合意した「性的指向、性自認を理由とする差別は許されない」とした文言。 「元々の自民党案では「性自認」の部分は医学用語として使われる「性同一...続きを読む
稲田朋美氏「中国でボヘミアン・ラプソディーがテレビ放映されたが同性愛部分はカット。日本は自由と多様性を重んじる。LGBT法案を!」/ネット:「平和な人だな、中共弾圧は同性愛場面カットとかのレベルじゃない」
稲田氏のツイート ネットの声 一時、何故押し上げられたのか不思議な方。最近の政治家はどこもかしこも変わったのが多い。あ、多様性か 多様性しか言うことないのかよ 中共を言うならそこじゃないだろ 完璧にズレてる ...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました