社会の話題と反応を発信していくネットメディア

サキ報道官はバイデンが子殺しを支持していることを認めたことで、猛批判を浴びている/記者の質問に「バイデンは、妊娠15周めの赤ちゃんが「人間」ではないことを支持する」と述べた

政治
スポンサーリンク

ジェナ・エリス弁護士

サキ報道官はバイデンが子殺しを支持していることを認める。

スポンサーリンク

サキ報道官:「大統領が(胎児が人間かどうか)選択する権利を支持している」

リポーター:「大統領は生後15週目の胎児が人間であると信じていますか」。

サキ報道官: 「大統領が選択する権利を支持しているかどうかを聞いているのですか?彼は支持します」

スポンサーリンク

ニュースマックス記者、ベニー氏

歴史上「最もカトリック」の政権は、生放送のテレビで15週齢の胎児の人間性を否定した。

スポンサーリンク

ジェン・プサキ、バイデン氏が生後15週目の胎児を人と考えているかどうかの質問をかわす

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、月曜日の記者会見で、バイデン大統領が生後15週目の胎児を人間だと考えているかどうかについて言及を避けた。

「生後15週目の胎児が人間であると大統領は信じていますか?」と記者がサキに質問した。

「あなたは、大統領が選択権を支持しているかどうかを聞いているのですか?彼は支持しています」とサキは述べた。

このサキ氏の発言は、バイデン氏をはじめとする中絶政策を支持する政治家がミサで聖体を受けるに値するかどうかという論争の後、米国カトリック司教協議会が聖体の意味に関する正式な文書を起草することを圧倒的な賛成多数で決議したことを受けたもの。

スポンサーリンク

“ジョー・バイデンは強い信仰心を持っています” とサキは言った

“大統領の信仰は個人的なものです。大統領の信仰は個人的なものであり、人生の中で困難な局面に直面したときに彼を導いてきたものです。そして、多くのアメリカ人も、政治的な視点ではなく、自分の信仰をそう捉えているのです。ですから、彼はこれまで通り、教会に通い続けるのではないでしょうか」と続けた。

カソリック司教団はバイデン氏への非難を目的とした聖体拝領文書を承認している。

定期的にミサに出席しているバイデン氏は、個人的には中絶に反対しているが、そうでないと感じるアメリカ人にその立場を押し付けるべきではないと考えていると述べています。また、バイデン氏は大統領就任後、妊娠中絶の権利を主張する人々に歓迎されるようないくつかの行政措置をとっている。

バイデン氏は、金曜日に行われたカトリック司教団の動きと、聖体拝領を拒否されるかどうかについて質問され、「それは個人的な問題であり、私たちには関係ありません」と答えた。“それは個人的な問題であり、そのようなことは起こらないと思います」。(fox)

Jen Psaki dodges question on whether Biden thinks 15-week-old unborn baby is a person | Fox News
White House Press Secretary Jen Psaki declined to say if President Biden believes a 15-week-old unborn baby is a human being.
スポンサーリンク

参考記事

サークルバックサキ報道官、バイデンがチームから、「記者からの質問を受けるな」と言われている」ことを認めてしまう/ネット:そうするわな、答えられないのわかってるからね。
ジェン・サキ、「バイデンが記者からの即興的な質問に答えないように言われている」ことを認める ジェン・サキ氏、バイデン氏が即興で記者の質問を受けることは「私たちが推奨していない」と認める エン・サキ、バイデンが記者からの即...続きを読む
サキ報道官のバインダーはびっしりと書き込まれているが、質問の答えはいつもサークルバック(後でお答えします)/そんなサキ報道官をいたわるマケナニーさん
サークルバックサキ報道官、Circle Backがトレンドに 質問にすぐに答えず「とても興味深い質問ですが、それについては後ほどお答えします。後ほど検討します(#circle back)」  まとめていないプレゼンテーション...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました