社会の話題と反応を発信していくネットメディア

稲田朋美氏、LGBTの次は「優しい国」で首相を目指す!/「初の女性首相へ新しい保守模索、目指すのは「優しい国」」(毎日)/ネット:「取り込まれちゃったな」「立民に行けば」

スポンサーリンク

稲田朋美氏、初の女性首相へ新しい保守模索 目指すのは「優しい国」

毎日新聞 2021/6/28

自民党の稲田朋美元防衛相が来月、政策集「強くて優しい国」を出版する予定だ。保守の論客として注目された稲田氏だが、最近では「LGBT理解増進法案」の成立を目指し、保守派から「変節した」との批判を浴びた。それでも女性やLGBTなど性的少数者らにも配慮した人権重視の姿勢を打ち出し「新しい保守」の姿を模索するのは、初の女性首相を目指すためだ。

「強い」姿勢アピール

「対中国とか憲法とか安全保障では強くて、国内問題で温かい国をつくる。実現したい国をつくるには、トップを目指すべきだ」

スポンサーリンク

 稲田氏は19日のインターネット番組で改めて首相を目指す姿勢を示した。

政策集では、台頭する中国などに対し防衛力強化の重要性を示し、自衛隊の存在を明記する憲法9条改正を含めた改憲の必要性を訴える方向だ。「タカ派」として知られる稲田氏の「強い」姿勢をアピールするのが狙いだ。

一方で女性政策やLGBT政策など人権に配慮した「優しい」政策にも取り組む姿勢を打ち出す。

稲田氏は通常国会でLGBT理解増進法案の策定を主導したが、自民党内の保守派から猛反発を受け、法案の提出は見送られた。

保守派内では、性的少数者の存在が「伝統的家族」を揺るがしかねないとの懸念が強い。保守系議員からはLGBTに関し「生物学上、種の保存に背く」との発言まで飛び出した。(毎日新聞引用、記事続く)

稲田朋美氏、初の女性首相へ新しい保守模索 目指すのは「優しい国」 | 毎日新聞
 自民党の稲田朋美元防衛相が来月、政策集「強くて優しい国」を出版する予定だ。保守の論客として注目された稲田氏だが、最近では「LGBT理解増進法案」の成立を目指し、保守派から「変節した」との批判を浴びた。それでも女性やLGBTなど性的少数者らにも配慮した人権重視の姿勢を打ち出し「新しい保守」の姿を模索
スポンサーリンク

ネットの声

彼女は保守ではない。 あの方から真の優しさや温かさや配慮や懐の深さは感じとれない。

エゴと冷酷さのオーラしか 感じとれない。

取り込まれたな。完全に。

毎日から持ち上げられるようじゃ終わりやな。

ここまで変わってしまった保守も珍しいw

心地いいんだろうね。保守から見放されてるから、左派に持ち上げられると。

スポンサーリンク

参考記事

安倍前総理周辺、稲田氏を批判/「彼女は変わってきた。違う方向にいっている」/男女別姓・LGBTで保守派からも大批判
安倍氏周辺が稲田元防衛相を批判 LGBT法案での「左傾化」を懸念 6/18(金) 安倍晋三・前首相のメディア露出が増え、キングメーカー説や再々登板説が喧しい。そうした安倍氏の“復権”に向けた動きと軌を一にして、保守派論壇からは自民党...続きを読む
トランプ大統領、ビル・バー元司法長官を激しく批判「ジョージア州で行われた「投票用紙の詰め込み詐○事件」が何かさえわからなかった」
リズ・ハリントン氏 トランプ大統領が弱いRINOビルバーに関する声明を発表 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領 - 2021年6月27日 ...続きを読む
マルコ・ルビオ議員「Apple、Nike、Coca-Colaなどの大企業は、『ウイグルでの強制労働で作られた製品の輸入を禁止する法案』を潰したり、弱体化させてきた」
マルコ・ルビオ議員のツイート 「中国・新疆での強制労働で作られた製品の輸入を禁止する私の法案は、上院全体での投票に向けて準備が整っている」 「しかし、Apple、Nike、Coca-Colaなどの大企業は、これまでもこの法案を潰した...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました