社会の話題と反応を発信していくネットメディア

45thトランプ大統領声明/「不○選挙がニューヨークで起きているのを見てくれ。2020と同じことが起きている」「民主党は選挙をスチー○するために、共和党に対し急進左派の検察官を武器に使っている」

政治
スポンサーリンク

45thトランプ大統領声明1/アメリカはもはや自由で公正な選挙の国ではない

トランプスポークスマン、リズ・ハリントン氏

「不○選挙がニューヨークで起きていることを見てくれ。2020年の大統領選挙のデマでも同じことが起きたばかりだ。アメリカはもはや自由で公正な選挙の国ではない!」- ドナルド・J・トランプ大統領

スポンサーリンク

45thトランプ大統領声明2/民主党は選挙を奪うために、共和党に対して急進左派の検察官を武器に使っている

民主党は選挙を奪うために、共和党に対して急進左派の検察官を武器に使っている。彼らをこのまま逃がしてはならない。彼らは我々の国を破壊しているのだ!

スポンサーリンク

ニューヨーク市長民主党予備選挙の開票作業にエラーが発生し大混乱/カウントすべきでない135,000票が紛れ込んでいた

 ニューヨーク市長選の民主党予備選挙は、火曜日、選挙管理委員会が、コンピュータシステムからクリアされなかったテストデータによって票数が破損していたことに気づき、最新の報告書を撤回したことで、混乱状態に陥った。

この失敗は、ニューヨーク市が初めて導入した順位選択式投票の失敗であり、民主党と共和党が共同で運営している市選挙管理委員会が新システムを導入する準備ができていないという懸念を裏付けるものであった。

選挙管理委員会は、夕方になると、順位選択方式の第1回目の結果と称して発表したデータを突然撤回した。

そのデータによると、ブルックリン区長のエリック・アダムス氏(元警部で、市で2番目の黒人市長になる予定)は、リードを大きく失い、元衛生委員のキャサリン・ガルシア氏に16,000票弱の差をつけられていた。

その後、選挙管理委員会は、順位選択式投票の結果報告に「不一致」があることを認識したとツイートした。選挙管理委員会は、ウェブサイトからデータを取り出しながらも、当初はその矛盾が何であるかを説明しなかった。

テストのためにコンピュータシステムに取り込んだ13万5千枚の投票用紙の画像がクリアされていなかったという声明を発表

スポンサーリンク

参考記事

中山副大臣、米メディアで記事に/ 日本の中山泰秀防衛副大臣は「『彼らは一緒に行動している』と ロシアと中国からの潜在的な奇襲攻撃について米国に警告を発した」(washingtonexaminer)
日本政府高官、ロシアと中国からハワイへの奇襲攻撃の可能性を警告- 「彼らは一緒に行動している。」 日本の政府関係者は、ロシアと中国からの潜在的な奇襲攻撃について米国に警告を発した。 日本政府高官、米国にハワイへの奇襲攻撃の...続きを読む
カンザス州とミズーリ州で、性的搾取を目的とした人○売買の被害者31名を救出、82人を逮捕/14人の行方不明の子供と17人の行方不明の大人が発見された/最年少は4歳の子供
14人の行方不明の子供と17人の行方不明の大人が発見された。 14人の行方不明の子供と17人の行方不明の大人がカンザス州とミズーリ州で発見された。 June 30, 2021 カンザス・シティ、ミズーリ州 - 最近の作戦で、性...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました