社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【バイデン政権のFOX司会者カールソン盗聴事件】第2報/NSA(国家安全保障局)の公式声明は「タッカー・カールソンの電子メールを読んだことを否定しなかった」(thefederalist)

政治
スポンサーリンク

NSA(国家安全保障局)はタッカー・カールソンの電子メールを読んだことを否定しない

スポンサーリンク

NSAはタッカー・カールソンの電子メールを読んだことを否定していない

NSAは、タッカー・カールソンを「標的にした」ことは否定しましたが、彼の電子メールを読んだことは否定しなかった。また、NSAは、「偶発的な収集」によって彼の通信にアクセスした可能性も否定しなかった。

2021年7月5日 By Fred Fleitz(Center for Security Policyの社長兼CEO。2018年に大統領副補佐官および国家安全保障会議のチーフオブスタッフを務めた)

Foxニュースの司会者であるタッカー・カールソンが、国家安全保障局(NSA)の内部告発者から、自分の番組を放送停止にするためにメールを監視していると聞いたと言ったとき、私は笑ってしまいました。私は19年間のCIAアナリストとしての経験と、5年間の下院情報委員会のスタッフとしての経験から、これは信じられないことだと思った。

第一に、NSAの巨大で厄介な官僚組織が、米国の保守派ジャーナリストをスパイするために、NSAの対外情報憲章に違反するような行為に同意するはずがないと思ったからである。たとえNSAの幹部やアナリストの多くがカールソンを嫌っていたとしても、NSAの規則や法律に違反してカールソンを監視することはリスクが大きすぎると考えるだろうと私は想定していた。

第二に、NSAがカールソンを監視することは、バイデン政権の最高レベルで承認されなければならない。私は、サリバンをはじめとするバイデン政権の高官たちは、カールソンに対するNSAの監視を命じるにはリスクを避けすぎていると考えていた。

第三に、私はNSAの著名な内部告発者をあまり評価していない。その多くが個人的な目的を追求する不満を持った元職員である。

したがって、NSAが彼の電子メールを読んでいたというカールソンの主張を否定した。

それから私はNSAからのこの驚くべき声明を見た。

スポンサーリンク

NSAの声明

2021年6月28日、タッカー・カールソンは、国家安全保障局が “我々の電子通信を監視しており、この番組を放送停止にするためにリークすることを計画している “と主張しました。

この主張は真実ではありません。タッカー・カールソンは米国家安全保障局の諜報活動の対象になったことはなく、NSAは彼の番組を放送停止にしようとする計画を持ったことはありません。

NSAは、タッカー・カールソンの番組を放送停止にしようとする計画を持ったことはありません。

NSAは対外的な諜報活動を行っています。NSAは外国の権力者を対象に、米国に危害を加える可能性のある外国の活動についての洞察を得ることを目的としています。

米国に危害を加える可能性のある外国の活動に関する洞察を得るために、外国の権力者を対象としています。限られた例外(緊急時など)を除いて、NSAは、米国市民をターゲットにすることを明確に許可する裁判所の命令がない限り、ターゲットにすることはできません。

スポンサーリンク

カールソンは、この説明を「腹立たしい、不誠実な公式声明」と呼んで否定

カールソンは、この説明を「腹立たしい、不誠実な公式声明」と呼んで否定した。さらに、「昨夜のこの番組では、非常にわかりやすい主張をした。NSAは私の許可なく私のプライベートなメールを読んだのです。ピリオドだ」とカールソンは述べた。「それが我々の言ったことだ。今夜のNSAの声明は、それを否定するものではありません」。

また、NSAを長年批判してきたミシガン州選出のジャスティン・アマッシュ議員もツイートで、NSAの対応を鋭く批判しました。「NSAがカールソンを特定的にスパイしているかどうかはわかりませんが、この声明は価値がありません。第1に、「監視」と「番組の放送停止」という複合的な主張を否定しています。第2に、カールソンは「ターゲット」ではないと言っていますが、これは術語です。本当に危険なのは、いわゆる「付随的な収集」です。」

NSAが声明で言ったことを明確にしておこう。NSAはカールソンを「標的」にしたことは否定したが、彼の電子メールを読んだことは否定しなかった。またNSAは、「偶発的な収集」によってカールソンの通信にアクセスした可能性も否定しなかった。

偶発的な収集とは、NSAが令状なしに膨大な量のアメリカ人の通信を収集する方法としてよく知られており、物議を醸しているからである。これは、無実のアメリカ人が、敵対する外国勢力の支配下にある、あるいは協力していると思われる人物など、NSAの正当なターゲットと通信した場合に起こる。

このような場合、無実のアメリカ人の名前は「リダクテッド」またはマスクされることになっています。米国市民の通信情報を収集した場合、その利用方法には非常に厳しいルールがある。

2016年にオバマ政権の当局者がトランプ陣営の関係者の名前を「マスク解除」するように要求したことで生じた論争を踏まえ、NSAが偶発的に収集した米国人の通信の身元を保護するために、より厳しい規則が制定された。

スポンサーリンク

NSAが意図的にアクセスした可能性は残る

したがって、NSAがカールソンの申し立てを否定しなかったことは、いくつかの重大な疑問を引き起こす。なぜNSAはカールソンの通信にアクセスしたことはないと明言しなかったのか。カールソンの通信は、ホワイトハウス関係者の要請で「マスクされていない」のか?

スーザン・ライスは、オバマ政権時代にトランプ陣営の側近のマスクを解除したことを認め、現在はバイデン・ホワイトハウスに勤務している。ライスは、NSAの報告を他の民主党大統領の政敵に対して武器化するという以前の取り組みを再開したのだろうか?

もっと厄介な問題は、この話が事実であれば、NSAが2017年に主張したように、実際にはメールの「上流収集」を停止しなかったことを示しているのではないかということだ。

そこでNSAの声明を受けて、私は自分が間違っていたかもしれないこと、カールソンが正しいかもしれないことを認める。

スポンサーリンク

NSAは諜報対象であることを否定しただけで、プライバシーの侵害を否定したわけではない

NSAはカールソンが諜報対象であることを否定しただけだ。彼の電子メールを読んだことや、プライバシー権を侵害したことを否定したわけではない。

そのため、先週の水曜日に、下院少数党院内総務のケビン・マッカーシー(カリフォルニア州選出)が、NSAがカールソンをスパイしているという疑惑や、NSAが政治的に利用されているという他の報道について調査するよう、下院情報委員会ランキングメンバーのデビン・ヌーンズ(カリフォルニア州選出)に依頼したことを知り、嬉しく思った。

声明の中でマッカーシーは、「不穏な傾向」を見たと述べています。声明の中でマッカーシー氏は、NSAにおいて「過去数ヶ月の間に不穏な傾向」を見たと述べている。

スポンサーリンク

ケビン・マッカーシー議員

ここ数ヶ月、私は米国家安全保障局(NSA)に不穏な動きがあるのを見てきた。NSAを政治の道具として利用することはできない。

私はデビン・ヌーンズ議員に、米国民に代わって調査し、答えを見つけるよう依頼した。

このような話は、アメリカ人の政府に対する信頼と、敵対する外国勢力から国を守るために存在する外国の情報機関の誠実さを損なうものです。国のためにも、NSAは早急にカールソンの電子メールを読んだことを否定するか、実際に何が起こったのかについて説明をする必要がある。(thefederalist)

The NSA Does Not Deny Reading Tucker Carlson’s Emails
The NSA denied ‘targeting’ Tucker Carlson, but did not deny reading his emails. The NSA also did not deny that it may have accessed his communications.

第一報👇

スポンサーリンク

参考記事

熱海土石流、川勝知事の見解を地質学者が否定/現場視察した川勝知事「梅雨の長雨による水の堆積、つまり水」→地質学者「尾根部の開発を行ったために、今まで保水力のあった森が無くなったのが原因」
5日、土石流の起点となった現場を、静岡県の川勝平太知事が視察しました。 川勝知事は「現場に行きますと、山肌の色が違います。全く違う地質というか、土だということが一目瞭然です。説明を受けたところによれば、灰色の黒い土は『盛り土』であった可能...続きを読む
【第45代トランプ大統領声明】「フロリダとオハイオに来た45,000人の大観衆を見たか。RINOたちはこれが何を意味するのかさえ知らないのだ。共和党が厳しく賢くならない限りこの国は偉大にならない」
スポークスマン、リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 ...RINOたちは、このムーブメントが何であるかを知らない。実際、彼らは私たちの最大の問題だ。共和党が厳しく、賢くならない限り、この国を救い、再び偉大な国になることはでき...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました