社会の話題と反応を発信していくネットメディア

45thトランプ大統領:なぜビッグテックを訴えているのか(Wall Street Journal)/「私はビッグテックに国民への検閲をやめさせ、言論の自由を取り戻すため訴訟を起こした」「彼らは政治的な議論を操作し、コントロールしている」

政治
スポンサーリンク

トランプスポークスマン、リズ・ハリントン氏

ドナルド・J・トランプ大統領:なぜ私はビッグテックを訴えているのか

スポンサーリンク

ドナルド・J・トランプ なぜ私はビッグテックを訴えるのか

ビッグテックが私を検閲できるのなら、あなたを検閲することもできるのです。

ドナルド・J・トランプ
2021年7月8日

今日の民主主義に対する重大な脅威のひとつは、政府と手を組んで米国民の言論の自由を検閲している強力なビッグテック企業グループだ。これは単に間違っているだけではなく、違憲だ。私自身、そしてすべてのアメリカ人のために言論の自由を取り戻すために、私はビッグテック企業を訴えてこれを阻止しようとしている。

ソーシャルメディアは、前世代のタウンミーティングホールや新聞、テレビネットワークと同様に、言論の自由の中心となっている。インターネットは新しい公共の場なのだ。しかし、近年、ビッグテック社のプラットフォームは、ソーシャルメディア上のアイデア、情報、人々を検閲し、差別することにおいて、ますます大胆かつ恥知らずになってきている。

もはやビッグテック企業は、特定の暴力的な脅迫を排除するだけではない。彼らは、政治的な議論そのものを操作し、コントロールしている。

過去1年間に検閲されたコンテンツを考えてみよう。大企業は、コロナウイルスが中国の研究所で発生したことを示す証拠を公開したユーザーを自社のプラットフォームから追放しましたが、これは企業メディアでさえ事実であると認めている。

パンデミックの最中、ビッグテック企業は医師に対し、コヴィド-19の症状を和らげる効果があることが研究で明らかになっているヒドロキシクロロキンなどの潜在的な治療法について議論することを禁止した

大統領選挙の数週間前には、アメリカで最も歴史のある新聞社である「ニューヨーク・ポスト」が、ジョー・バイデン氏の家族を批判する記事を掲載したことを理由に、プラットフォームが禁止措置を取ったのだ

スポンサーリンク

ビッグテックは現役大統領のアカウントまでブロックした

もっともひどいのは、選挙後の数週間、ビッグテックが現職大統領のソーシャルメディアのアカウントをブロックしたことだ。私にできることは、あなたにもできるはずだ。

ミシガン州の学校教師であるジェニファー・ホートンは、幼い子供に強制的にマスクをさせることが健康に良いかどうかを疑問視する記事をシェアしたことで、Facebookから追放された。その後、彼女の弟が行方不明になったとき、彼女はFacebookを使って情報を発信することができなかった。

コロラド州の医師Kelly Victoryは、教会のために安全に礼拝を行う方法を説明するビデオを作成した後、YouTubeからプラットフォームを削除された。

フロリダ州のキアン・ミシェルと彼女の夫ボビーは、2度の国外退去を命じられた不法滞在者が起こした死亡事故で21歳の息子を失った。フェイスブックは、彼らが国境警備と移民取締りについて投稿した後に検閲を行った。

スポンサーリンク

善意の人間がプラットフォームから追い出される一方、中共のプロパガンダやイランの独裁者は平然と憎悪と脅迫と嘘を吐き出している

一方、中国のプロパガンダ担当者やイランの独裁者は、これらのプラットフォーム上で平気で脅迫や憎悪に満ちた嘘を吐き出している。

このような言論の自由に対する明白な攻撃は、私たちの国に大きなダメージを与えている。だからこそ、私はAmerica First Policy Instituteと共同で、ビッグテックにアメリカ国民への検閲をやめさせるための集団訴訟を起こしたのです。

この訴訟では、今後このような行為を抑止するための損害賠償と、私のアカウントを回復させるための差止命令を求めている。私たちの訴訟では、ビッグテック企業が違法・違憲の政府検閲を行うために利用されていると主張している。

●セクション230という免責特権に保護されているソーシャルメディア

1996年に米国議会は、インターネットの成長を促進するために、インターネットのプラットフォームに責任保護を適用しようとしたが、その際、プラットフォームは出版社ではなく、まさにプラットフォームであることを認識していた。出版社とは異なり、FacebookやTwitterのような企業は、サイトに投稿されたコンテンツに対して法的責任を負うことはない。この免責特権がなければ、ソーシャルメディア企業は存在し得ないのだ。

議会の民主党は、この免責特権を利用して、プラットフォームに政敵の検閲を強要している。ここ数年年、私たちは議会がビッグテック企業のCEOを委員会に呼び寄せ、民主党に忠誠を誓う党派的なファクトチェッカーの軍団によって決められた「虚偽」の記事や「偽情報」を検閲するよう要求するのを目にしてきた。原告団のホートンさん、ビクトリーさん、マイケルさん一家の事例が示すように、実際には権力者が好まない言論を弾圧することになる。

スポンサーリンク

ビッグテックは非合法、非アメリカ

さらに、ビッグテックと政府機関は、米国疾病予防管理センター(CDC)などの機関の指導に従って、プラットフォームからコンテンツを削除するために積極的に連携している。ビッグテックと従来のメディア企業は、Trusted News Initiativeを結成し、実質的にCDCから “戦闘 “に必要な情報の指示を受けています。テクノロジー企業は、政府の言いなりになり、共謀して承認されていないアイデアを検閲している。

この強制と協調は違憲である。最高裁は、憲法が禁止していることを議会が民間業者を使って実現することはできないとしている。事実上、ビッグテックは米国政府の検閲部門として違法に派遣されている。これは、あなたの政治的立場に関わらず、憂慮すべきことだ。これは、容認できない、非合法な、非アメリカ的なことなのだ。

私は、この訴訟を通じて、民主党、共和党、無党派層を問わず、すべてのアメリカ人に言論の自由を取り戻すつもりだ。

私は、アメリカ国民の憲法上の権利と神聖な自由を守るために、決して戦いを止めない」。

第45代米国大統領

Opinion | Donald J. Trump: Why I’m Suing Big Tech
If Facebook, Twitter and YouTube can censor me, they can censor you—and believe me, they are.
スポンサーリンク

参考記事

動画あり【45th大統領、ビッグテックに集団訴訟4】会見後インタビュー/「ビッグテックは言論の自由を奪い、この国に多くの問題をもたらした」「弁護士が言ったように簡単にひっくり返せる可能性がある。成功するだろう」
45thトランプ大統領「ビッグテックは言論の自由を奪った」 記者:「憲法修正第1条に基づいて、ビッグテックが憲法修正第1条であなた自身にかなりの攻撃を犯したように感じます。ドーシーとザッカーバーグを個人的に訴えていますね。なぜこのようなこ...続きを読む
<動画あり>【45th大統領、ビッグテックに集団訴訟2】ドナルド・トランプは「T,F,Gのビッグテックの巨人に対して大規模な集団訴訟を起こした」と発表/アカウント復活とセクション230の違憲性を求める
ドナルド・トランプは、ビッグテックの巨人に対して大規模な集団訴訟 ドナルド・トランプは、「フェイスブック、グーグル、ツイッターなどのビッグテックの巨人に対して大規模な集団訴訟を起こした」と発表した。 トランプ「今年の初めに現...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました