社会の話題と反応を発信していくネットメディア

激戦州を含む「州の選挙制度改革の必要性」について、6割以上の有権者がトランプ氏に同意/Rasmussen Reports

政治
スポンサーリンク

Rasmussen Reports

ドナルド・トランプ元大統領は最近、”選挙改革は、有権者が選挙プロセスに自信を失っているペンシルバニア州、ミシガン州、ジョージア州、ウィスコンシン州、アリゾナ州などのスウィング・ステートで行うべきだ “と述べた。あなたは賛成ですか、それとも反対ですか?

“強くまたはやや同意”
白人 – 62
黒人 – 49
その他の非白人 – 68
民主党 – 37
非公式 – 63
共和党 – 84
すべての有権者 – 61

スポンサーリンク

州の選挙制度改革の必要性について、ほとんどの有権者がトランプ氏に同意

2021年7月20日

ジョー・バイデンがホワイトハウスを獲得したかもしれませんが、選挙の完全性をめぐる政治的な戦いでは、ドナルド・トランプ元大統領が勝っているようだ。

Rasmussen Reports社が実施した全国電話・オンライン調査によると、米国の有力有権者の61%が、トランプ氏が先週、自身のウェブサイトで発表した声明に同意していることがわかった。

「選挙制度改革は、有権者が選挙制度への信頼を失っているペンシルバニア州、ミシガン州、ジョージア州、ウィスコンシン州、アリゾナ州などのスウィングステートで行われるべきである」という声明に、米国の有力有権者の61%が同意していることがわかった。

スポンサーリンク

「強く同意する」が42%

その中には、「強く同意する」が42%含まれている。トランプ氏の発言に同意しない有権者は34%で、うち25%が「強く同意しない」と回答している。

トランプ氏の発言に賛成する有権者の割合は、バイデン氏が最近行ったスピーチからの引用である。アメリカは “南北戦争以来の民主主義の最も重要な試練に直面している “という発言に賛成する有権者よりも多かった。

56%がバイデン氏に同意しており、うち33%が「強く同意する」と回答しています。バイデン氏に同意しない人は37%で、うち26%が「強く同意しない」と回答しています。

Most Voters Agree With Trump on Need for State Election Reform
Joe Biden may have won the White House, but in the political battle over election integrity, former President Donald Trump seems to be winning.
スポンサーリンク

参考記事

【45thトランプ大統領声明】「共和党の諸君、急進左派の弱いバ○と負け犬に踊らされてはいけない!」「インフラ法案の取引を行ってはいけない。2022年に適切な選挙結果が得られるまで待つべきだ」
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 「インフラストラクチャの取引を行ってはいけない。2022年に適切な選挙結果が得られるまで待つべきだ」 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 SAVE A...続きを読む
【動画あり】45thトランプ大統領:「Wokeism(人種差別への目覚め主義)」はあなたを失わせ、あなたの心をダメにし、人としてダメにする。あなたは歪み、頭がお◯しくなってしまう/「米女子サッカーチーム」がその良い例だ」
リズ・ハリントン氏 "Wokeismはあなたを失わせ、あなたの心をダメにし、人としてダメにする......あなたは歪んでしまい、頭がお○しくなってしまう。アメリカの女子サッカーチームがその良い例だ。"(45thトランプ大統領) ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました