社会の話題と反応を発信していくネットメディア

国民がハリスを嫌う理由を想像するのは難しいことではない/彼女は民主党の予備選でバイデンを人種差別主義者として中傷し、後日そのことを聞かれると笑ってごまかした/米国とメキシコの国境の不法侵入を非犯罪化したいと発言した

政治
スポンサーリンク

国民がハリスを嫌う理由を想像するのは難しいことではない

バイデンが再選を求めている場合(うまくいけば、彼はそうしません)、少なくとも別のランニングメイトと一緒にいることを期待しましょう。

スポンサーリンク

ジョー・バイデン大統領はある約束をした。そして、その約束の結果は今、あまり良いものではない

バイデン氏は、女性の副大統領を選ぶと宣言し、自分の伴侶の選択肢を狭めることになった。副大統領にふさわしい女性はたくさんいる。しかし、バイデンはカマラ・ハリスを選び、その代償を彼の党が払うことになるかもしれない。その結果、民主党が政治的に苦しむことになっても、それは当然のことだ。

ハリスは、最近の世論調査ではあまり良い結果が出ていません。彼女は、バイデンよりも人気がない。今週のRealClearPoliticsの世論調査平均では、彼女の支持率は45%、不支持率は46%となっています。これをバイデン自身の支持率51.3%、不支持率44.6%と比較してみよう。

国民は以前、ハリスを拒絶した。彼女は2020年の民主党予備選に出馬し、アイオワ州のコーカスとニューハンプシャー州の予備選の前に脱落した。彼女が獲得した代議員の数は、ハリスのキャンペーンを潰す役割を果たした人物、ハワイ民主党のトゥルシー・ガバード元連邦下院議員よりも少ない。

ガバード氏は、ハリス氏がカリフォルニア州の司法長官を務めていたときに、マリファナの使用や学校の不登校を理由に起訴し、死刑囚を釈放するための証拠を阻止しようとしたり、判決を超えて刑務所に収容し、安い労働力として利用していたことを暴露した。これはハリスの性格をよく表している。

スポンサーリンク

国民がハリスを嫌う理由は想像に難くない

彼女は民主党の予備選でバイデンを人種差別主義者として中傷しようとし、後日そのことについて質問されたときには(多くの真面目な質問に対してそうするように)笑って済ませた。

バイデンの言い分は、人種平等の名のもとに、子どもたちが都市を横断して暴力や暴動にさらされるような危険な地域への移動を余儀なくされるバス移動に、あえて反対したというものだ。

さらにハリスは、米国史上最大の社会保障制度となる「万人のための医療」や、米国とメキシコの国境を不法に通過する行為を非犯罪化したいと発言した。

後者は、より多くの不法移民を招く政策です。今、彼女はグアテマラのような国の人々に、すでに混雑している米国との国境に来ないように言うのは当然のことです。最終的に正しいことをした彼女には感謝しているが、彼女は自分自身を信用することができない。

スポンサーリンク

言うまでもなく、バイデン政権は不法移民に対する深刻な規制を主張していない

不法移民の市民権取得への道を求めているため、米国とメキシコの国境を守るために、人々はほとんど信用していないはず。

言うまでもなく、現代の民主党の多くがそうであるように、ハリスも妊娠中絶推進派です。ハリスは、不人気な第2期および第3期の選択的中絶を支持しているだけでなく、親への通知、待機期間、インフォームド・コンセント法などの常識的な要件も支持している。

インフォームド・コンセントとは、女性にあらゆる選択肢を伝えるもので、子供を養うための公的支援を受ける方法や、一般的には知られていない各州の安全な避難所に関する法律なども含まれる。

誠実な中道派ではなくハリスを選んだことでバイデンの党がダメージを受けたとしても、それはバイデンの責任だ。

Biden is paying the price for his Harris mistake
President Joe Biden made a promise — and the result of that promise isn’t looking great right now.
スポンサーリンク

参考記事

菅首相会見「今回の宣言が最後となる覚悟で」/「ワクチン打っても、外には出るな、マスクしろ」にバイデンと同じ匂い/ネット:「すべて5類に格下げすれば済む話」「もはやコロナはインフル以下」「なんで死者数、重症者数は減ってるって言わないの?」
経験がないスピードで感染が拡大 【随時更新】菅首相会見「今回の宣言が最後となる覚悟で」 2021年7月30日 政府は、緊急事態宣言の対象地域に埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県を追加するほか、北海道、石川、兵庫、京都、福岡の5道...続きを読む
【動画あり】中国で洪水報道をめぐって外国人記者が嫌がらせを受ける/特にBBCの記者が狙われている/BBCは中国のジェノサイドを報道したメディア
中国で洪水報道をめぐって外国人記者が嫌がらせを受ける 中国へのネガティブなイメージに敏感になっている中、記者たちは路上で対峙し、「中国を中傷している」と非難された。 2021年7月26日 中国の洪水被害を取材した外国人ジャーナ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました