社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ポンペオ前国務長官「中国共産党のウイルス起源の隠蔽工作は今日まで続いている」「バイデン政権は責任を負わせなければならない。このような方法はいくらでもある」

コロナ
スポンサーリンク

ポンペオ前国務長官

中国共産党の隠蔽工作は今日まで続いている。

スポンサーリンク

我々は、中共の深い隠蔽工作を見てきた

FOXショーン・ハニティー「今ではどんな男性でも、私たちは知っていました。まず、ウイルスから始めてみましょう。彼らは責任を負いません。私たちはこのメールを読みました。この研究室が何をしていたのか、そして税金が投入されていたことを知ったわけですが、あなたの反応は?」

ポンペオ前国務長官「そうですね。私たちは、少なくとも2020年の春にこの話をして以来、この生物学研究室がほぼ間違いなくその場所であったと考えています。ショーンと我々は、このウイルスがどこから来たのか、深い隠蔽工作を見てきた。

スポンサーリンク

バイデン政権が中共に責任を取らせる手段はたくさんあるのだ

適切な方法で調査を行うために誰も入れてくれない。中国共産党は、非常に感染力が強く、致死率の高いウイルスを持った人々の渡航を許可し、それを世界に広めた責任がある。

これは非常に無謀なことであり、責任を負わなければならない。このような方法はいくらでもある。しかし、悪政のもとでは、そのような方法を取ることはできないだろう。

中国共産党が世界中で何百万人もの死者を出し、何十億ドルもの富を失ったことに対して、バイデン政権が責任を取るために使える手段は、追加の法律を作らなくてもたくさんある

スポンサーリンク

参考記事

伊藤選手への妨害ライトは日テレ「スッキリ」の取材班だった!/伊藤美誠に“妨害”ライト、韓国メディア犯人説が流布するも、ようやくわかった真相(デイリー新潮)/ネット:「騒ぎを知らないはずがない、これは悪質」「社長が謝罪する案件だ」「即停波!」
伊藤美誠に“妨害”ライト、韓国メディア犯人説が流布するも、ようやくわかった真相 8/5(木) 騒ぎは知っていて黙っていた  その“事件”は7月28日に起こった。卓球女子シングルス準々決勝に臨んだ伊藤美誠(20)が、第四セット序盤に審判...続きを読む
<動画あり>【五輪野球】日本VS韓国、準決勝/7回表、伊藤投手に「ロジンを着けすぎだ」という韓国のクレームが入るが、意に介さず「これでもか」とロジンを着けまくる伊藤投手に称賛の声
日本VS韓国、準決勝/2-2で迎えた7回表、韓国打者から、ロジンをつけすぎだとクレームが入る。 ロジンをつけすぎだとクレームをいうカン・ペクホ選手 韓国ベンチからも審判にクレーム ・解説者、新井氏:「伊藤投手がロジンを...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました