社会の話題と反応を発信していくネットメディア

これはジョー・バイデンのサイゴンだ。カブール脱出は、バイデンのサイゴンとして歴史に刻まれた/サイゴン(1975年)からカブール(2021年)まで歴史は繰り返された/カブールがベトナム戦争敗北の際のサイゴン脱出と酷似

事件
スポンサーリンク

これは、ジョー・バイデンのサイゴンだ

カブールの米国大使館から煙が出ているのが見られ、機密文書の焼却によるものと考えられる。

スポンサーリンク

サイゴン1975年からカブール2021年まで..歴史は繰り返される

カブール脱出は、バイデンのサイゴンとして歴史に刻まれた

スポンサーリンク

アメリカのCH-47がカブールの上空で、アメリカ大使館と空港の間を往復している。

スポンサーリンク

タリバン 18州都制圧 首都に迫る 米軍アフガン撤退完了前に

2021年8月14日

カブールには、ほかの地域から逃れてきた多くの人々が殺到していて、治安も急速に悪化している。

風間解説委員「タリバンが圧倒的なスピードで重要都市を制圧できる理由は、政府軍がまともに戦っていないからでしょう。徹底抗戦するのは一部の勢力に限られます。タリバンはスピード重視で首都カブールの陥落を目指すでしょうが、そのときが近づくにつれ、1975年のサイゴン陥落と重ね合わせる見方が増えてきそうです。

ベトナム戦争では和平合意とか名誉ある撤退と言いながら大混乱の首都脱出劇はアメリカの敗北を強く印象づけました。アメリカ軍にとって史上最長の戦争となったアフガン戦争も、20年をかけた敗北として記憶されることになりそうです」(fnn)

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。
スポンサーリンク

サイゴン陥落(wikipedia)

(サイゴンかんらく、英語: Fall of Saigon)または4・30事件(ベトナム語:Sự kiện 30 tháng 4 năm 1975/ 事件30𣎃4𢆥1975)は、ベトナム戦争の最末期、1975年4月30日に北ベトナムによって南ベトナムの首都サイゴン(現在のホーチミン市)が接収された出来事

1975年になると、北ベトナムはホー・チ・ミン作戦を発動し、南ベトナムから国民が国外脱出を始めていた。アメリカ合衆国も南ベトナムを見捨てて支援を断った為、北ベトナムの勝利は決定的となった。

北ベトナムの軍隊がサイゴンに到着し、11時30分に南ベトナム大統領官邸(現在の統一会堂)に到着すると、北は南の大統領チャン・バン・フォンに対して辞任を要求した。フォンは北側の要求に応じて大統領を辞任し、ズオン・バン・ミンに引き継いだ。これによってミンはベトナム共和国の最後の大統領となった。

アメリカ軍はアメリカ大使館関係者や在越アメリカ人を脱出させるミッション・フリークエント・ウィンド作戦を発動するに当たり、米軍放送から予め告知されていた天気予報のメッセージと共にビング・クロスビーの『ホワイト・クリスマス』を陥落前日の29日から頻繁に放送し、在越アメリカ人にサイゴン脱出を呼びかけた

サイゴン陥落 - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】カブールは脱出する市民で混乱/アフガニスタンだけでなく、世界中にイスラム法がもたらされるというのが我々の信念だ。私たちは急いでいない。いつかは来ると信じている
世界中にイスラム法がもたらされるというのが我々の信念だ タリバン "いつの日かムジャヒディーンが勝利を収め、アフガニスタンだけでなく、世界中にイスラム法がもたらされるというのが我々の信念だ。私たちは急いでいない。いつかは来ると信じている。...続きを読む

http://totalnewsjp.com/2021/08/15/afghanistan-4/1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました