社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデンはアフガン撤退前に将軍の助言を拒否していた/アフガンに2,500人の部隊を駐留させながら、和平合意を固めるための外交を強化するよう提言したが、バイデンは和平交渉を拒否し即撤退させた

事件
スポンサーリンク

バイデン氏、アフガン撤退前に将軍の助言を拒否。

2021年8月15日

ジョー・バイデンは、アフガニスタンの米軍撤退を計画する際に、軍のトップの将軍たちの助言を拒否したと報じられている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、バイデン氏は複数の軍の責任者と会い、約20年間米国に占領されている中央アジアの国から米軍を撤退させることについて話し合った。この会合は、バイデンが米国の完全撤退の意向を表明する前に行われた。

将軍たちは、バイデンが2,500人の軍人をアフガニスタンに残し、タリバンと和平交渉を行うことを勧めた。しかし、バイデンはこの提案を拒否したという。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた。

数々のトランプ大統領の政策を覆したのとは対照的に、

スポンサーリンク

彼はトランプ氏のタリバンとの取引を再交渉するのではなく、実行することを選んだ。

その際、彼は軍の最高司令官たちの意見を覆した。

中東の米軍司令官であるフランク・マッケンジー元帥、アフガニスタンのNATO軍を率いるオースティン・スコット・ミラー元帥、そして統合参謀本部議長のマーク・ミリー元帥だ。

彼らは、アフガニスタンの治安や米国大使館に米軍を排除することのリスクを挙げ、米国はアフガニスタンに2,500人の部隊を駐留させながら、和平合意を固めるための外交を強化するよう提言した

この報告書は、米国が支援するアフガニスタン政府が完全に崩壊している中で浮上したもので、

スポンサーリンク

リーダーであるアフガニスタンのアシュラフ・ガーニ大統領は、タリバン勢力が首都カブールに侵入したため、日曜日の朝に国外に逃亡した。

現在、タリバンとアフガン政府は、民間人や軍人の犠牲を最小限に抑えることを目的として、政権移譲の交渉を行っていると言われています。

政権移譲は、米国がカブールの大使館を放棄し、職員や関係者がカブールの空港を利用して国外に避難することを意味しています。

先月、バイデンはタリバンによる中央アジアの占領は「避けられない」ものではないと嘯き、米国が武装したアフガン軍がタリバンに対処できると主張した。

“No, it’s not” バイデンは7月8日、米軍撤退の結果の可能性について大統領を問い詰めた記者たちに答えて言った。バイデンは、当時アメリカが支援していたアフガニスタン政府には「30万人のよく整備された」兵士がいると言い、「世界のどの軍隊にも負けない」と付け加えた。

Biden Rejected Advice of Top Military Generals on Afghanistan Withdrawal as Pullout Descends Into Chaos: Report
Biden did it his way, and look at how it's turned out.
スポンサーリンク

参考記事

バイデン、「アフガン陥落の大混乱中にキャンプ・デイビッドで休暇中、水曜日まで帰る予定なし」に大批判/「なぜジョー・バイデンは隠れているのか?」「国民の前でアフガンの壊滅的な状況について答えるべきだ」
ジョー・バイデンは水曜日までキャンプ・デービッドに向ったが、その間、タリバンはアフガニスタンで暴れまわっている。 ・ジルは、足の手術後初めて、松葉杖をつき、ウォーキングブーツを履いている姿を目撃された。 ・バイデン大統領とジル・バイデン...続きを読む

http://totalnewsjp.com/2021/08/16/biden-282/
1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました