社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「45thトランプ大統領声明」:バイデン国務省は、トランプ大統領がアメリカ人を救出するために確立した危機対応、避難計画をタリバン占拠のわずか1ヶ月前に中止した/45thトランプ大統領「トランプ政権のプログラムを中止するのは、不名誉極まりない!」

事件

8/20 10:05更新

スポンサーリンク

リズ・ハリントン「45thトランプ大統領声明」

「ジョー・バイデン国務省は、タリバンの乗っ取りのわずか数か月前にベンガジ式の避難を回避することを目的としたトランプ時代の「危機対応」計画を停止した」

スポンサーリンク

HumanEventsのシニアエディター、ジャック・ポソビック氏

「バイデン国務省、トランプ大統領のアフガニスタンへの避難計画を2ヶ月前に中止にしていた」

スポンサーリンク

ジョー・バイデンの国務省は、タリバンが占拠するわずか1ヶ月前に、トランプ時代の「危機対応」計画を中止した

2021年8月18日

ベンガジ事件のような避難を避けるための「危機対応」計画の中止は、タリバンによる占拠のわずか1カ月前のことだった。

ジョー・バイデンの国務省は、カブール陥落のわずか数ヶ月前に、危機地域からアメリカ人を迅速かつ安全に避難させることを目的とした重要な国務省のプログラムを中止する方向に動いたことを、The National Pulseが独占的に明らかにした。

海外にいるアメリカ人の医療、外交、後方支援を目的とした「コンティンジェンシー・アンド・クライシス・レスポンス・ビューロー(Contingency and Crisis Response Bureau)」は、今年の初めにアントニー・ブリンケン国務省によって停止された。タリバンがアフガニスタンを占領する数ヶ月前に公式に署名された通知である。

“SENSITIVE BUT UNCLASSIFIED “と、バイデン国務省の公式文書が始まり、その後、トランプ時代の新局への資金提供を打ち切る次の動きの概要が記されている。

この文書は、3月に米国上院で承認されたブライアン・P・マッケン国務副長官のデスクからのものだ。

スポンサーリンク

バイデンの国務省によるプログラムの一時停止の証拠

この文書の日付は2021年6月11日となっているが、The National Pulseは、プログラムを一時停止するという決定が早くても2月にはなされていたのではないかと理解している。

件名はこうだ。件名は「(SBU)有事・危機対応局」で、本文では次のように提言している。

本文中では、「有事・危機対応局(CCR)の設立および終了を中止し、関連する省庁の要件および能力のさらなる見直しを行うよう指示すること」とある。

さらに、こう続く。

「適用される法的要件、必要な利害関係者の関与、および外務マニュアルやその他の要件への適用される変更に沿って、CCRの設置を中止し、終了するよう指示すること

この文書は、提言が2021年6月11日に承認されたことを明らかにしている。

スポンサーリンク

ドナルド・J・トランプ元大統領は、バイデン氏の無責任な行動を非難した。

トランプ氏「私の政権はアメリカ人の安全を守ることを優先したが、バイデンは彼らを置き去りにした。撤退前に、何万人ものアメリカ人が家にたどり着けるような、この成功したトランプ政権のプログラムを中止するのは、不名誉極まりない。

我々の撤退は条件に基づいた完璧なもので、完璧に実行され、誰も我々が撤退したことさえ知らなかっただろう。バイデンの実行と撤退は、軍事作戦としても人道的作戦としても、おそらく歴史上、わが国にとって最大の恥辱である」

2021年5月のVanity Fair誌に掲載された長文の記事では、有事・危機対応局(CCR)は、「OpMed(オペメド)」と呼ばれる前身・パートナー局と重複して呼ばれており、「米国務省の奥深くに隠された、あまり知られていない医療従事者と奇跡の人たちのチーム」と説明されている。

スポンサーリンク

バイデン国務省は、アメリカ人救出のための作戦としてトランプ政権が確立した有事・危機対応局(CCR)への資金提供を中止した

「COVIDが頭角を現す以前から、オペメドは様々なことを行う方法を見つけ出し、海外で危険にさらされているアメリカ人を救出するための大胆でしばしば危険な作戦の裏に隠された手としての役割を果たしていた」と記事は述べ、続いてプログラムの目標の重要性についてトニー・ブリンケン国務長官の言葉を引用している。

しかし、The National Pulseの理解では、国務省内部のキャリア関係者は、将来、海外のアメリカ人がベンガジのような状況に陥るのを避けるという明確な目的を持って、有事・危機対応局を創設するというトランプ時代の目的に反対した。

それどころか、COVID-19の危機が再燃し、アフガニスタン撤退が迫る中、バイデンのチームはこの計画への資金提供と承認を取り消した。

EXC: Joe Biden's State Dept Halted a Trump-Era 'Crisis Response' Plan Aimed at Avoiding Benghazi-Style Evacuations Just MONTHS Before Taliban Takeover.
Joe Biden's State Department cancelled a critical program to evacuate Americans from crisis zones just months before Kabul fell.
スポンサーリンク

参考記事

【屈辱】バイデンのアメリカ、タリバンに軍用機などを奪われる/国家安全保障補佐官は、米国の兵器がタリバンの手にあることを認めた/バイデンは支持率最低
バイデン氏支持率最低に 46%、タリバン復権受け 2021/8/18 10:27 ロイター通信などが17日に発表した世論調査によると、バイデン米大統領の支持率が1月の就任以降、最低となる46%になった。調査はイスラム主義組織タリバン...続きを読む
【動画あり:またしても質問拒否!】/「恥知らず!情けない!」記者からの罵声と怒号の中、逃げ去るバイデンに非難の嵐!/「捕虜になっている米国人について話そうともしないのか!」「1万人の米国人がまだアフガンで足止めされているのだ!」
FOX記者、ビル・メルギン氏 「またしても、バイデン大統領はメディアからの質問を一つも受けずに立ち去って会見を終えた。アフガニスタンで起きていることにも触れずに」 速報:アフガニスタンで多くのことが起こっている中、バイデン氏...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました