社会の話題と反応を発信していくネットメディア

河野氏は総裁選出馬で「脱原発」の封印を解くのか? それでも拭い去れない“悪太郎”の本性/自身のツイッターでは都合の悪い意見を片っ端からブロック。外相時代の18年には会見でロシアとの平和条約を問われて「次の質問どうぞ」を連発

政治
スポンサーリンク

河野氏は総裁選出馬で「脱原発」の封印を解くのか? それでも拭い去れない“悪太郎”の本性

2021/09/06

政権の支持率低下を招いた供給不足の反省ゼロ。菅首相が不出馬に追い込まれた途端、総裁選出馬の意向を固めたのが河野太郎ワクチン相だ。

「3.11以前から『脱原発』が持論で、政府の原発政策をブログなどで批判してきましたが、2015年の初入閣と同時に持論を封印。ブログも削除し、『大臣のイス欲しさにそこまでやるか』と党内の失笑を買いました」(自民党関係者)

■原発回帰論の一蹴にシャカリキ

ところが、総裁選出馬にあたり「脱原発」の旗を再び掲げるとの見方が浮上している。

7月発表の改定案は再生可能エネルギーを「最優先」と明記。再エネ比率を30年度には「36~38%程度」と現行計画の22~24%から大幅に引き上げた。一方で原発は20~22%に据え置き、脱炭素をカサに着て財界が強く求めた「新増設」の記載もなし。経産省や党内で大勢だった原発回帰論の一蹴に、河野氏がシャカリキだったというのだ。

スポンサーリンク


「規制改革担当相として昨年12月、大臣直轄の再エネ規制改革のタスクフォースを立ち上げると、経産省幹部をしつこく招集。『脱炭素を目指す以上、再エネ最優先が当然だ』と迫り続けた。同じ考えの小泉環境相とタッグを組み、エネルギー行政には無頓着の菅首相にも『再エネ最優先』を打診。主張を通した格好です」(政府関係者)

タスクフォースの音声が流出。週刊文春が「日本語わかる奴、出せよ」と河野氏のパワハラ暴言を報じたのも、「リークしたのは経産省内の原発回帰派。脱原発への牽制」(政界関係者)ともっぱら。ちなみに、河野氏は先月末出版の政策集でも「エネルギー革命」に1章分を費やしている。

■「説明しない政治」を継続

自身のツイッターでは都合の悪い意見を片っ端からブロック。外相時代の18年には会見でロシアとの平和条約を問われて「次の質問どうぞ」を連発と、一皮むけば異論を許さない“悪太郎”が河野氏の本性だ。総理になったら「説明しない政治」の延命を許すだけである。(日刊ゲンダイ)

河野氏は総裁選出馬で「脱原発」の封印を解くのか? それでも拭い去れない“悪太郎”の本性|日刊ゲンダイDIGITAL
 政権の支持率低下を招いた供給不足の反省ゼロ。菅首相が不出馬に追い込まれた途端、総裁選出馬の意向を固めたのが河野太...
スポンサーリンク

「次の質問どうぞ」を連発(国会ウォッチャーさんのツイート)

スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】世界に広がる反マスク、反ワクチンパスポート/フランス、イタリア、オランダ、アメリカで大規模デモ
フランス、パリ フランス、バンヌ イタリア アメリカ、ウインスコンシン州では8万人がノーマスクでフットボールを観戦 ペンは剣よりも強し オランダのアムステルダムでワクチンパスポートに...続きを読む
【NEW!】動画あり:ワールドカップサッカー予選、ブラジル対アルゼンチンの試合が開始5分で中止/ブラジル保健当局がピッチに入り、コロナ隔離ルールを破ったとしてアルゼンチンの4人の選手を逮捕
ワールドカップ予選のブラジル対アルゼンチン戦を開始から5分後に中止 ブラジル保健当局は、ワールドカップ予選のブラジル対アルゼンチン戦を開始から5分後に中止し、コヴィド規定をめぐって4人の選手を逮捕した。 ブラジル保健当局は、ワー...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました