社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデンのワクチン義務化に共和党は激怒、経済団体は経済団体は加勢せず/共和党の知事は、バイデンのワクチン義務化に激怒し反発「バイデンは独裁的で越権行為だ。非アメリカ的で多くの害をもたらす。あらゆる法的手段を持って反撃する」

政治
スポンサーリンク

バイデンのワクチン義務化に共和党は激怒

共和党は、コロナウイルスのデルタ株が急速に国内で拡大する中、バイデン米大統領が発表した大企業や連邦政府職員を対象とした新たなワクチン義務化に対抗することを宣言。

赤い州の知事たちは、バイデンのワクチン義務化に反発しています。「この独裁的なアプローチは間違っており、非アメリカ的で、良いことよりもはるかに多くの害をもたらす」。

スポンサーリンク

速報:バイデンのワクチン義務化に対して、レッドステートの知事たちが反発しています。

“これは法廷では絶対に耐えられない。この独裁的なアプローチは間違っており、非アメリカ的で、良いことよりもはるかに多くの害をもたらすだろう。”

2021年9月10日 午前7時59分

「これは法廷では絶対に認められません。この独裁的なアプローチは間違っており、アメリカ的ではなく、利益よりもはるかに多くの害をもたらすでしょう」。

バイデン大統領は、COVIDワクチンを義務化するために連邦政府が取るべき措置を説明したスピーチの中で、州知事がこの面での彼の計画を妨げていると訴えました。

The Daily Wireが最初に指摘したように、これらの州知事のうち数人がバイデン大統領の発言に反応している。

アラバマ州。ケイ・アイビー知事は、「バイデン大統領は、またしても的外れな発言をした。彼の非道で行き過ぎた義務は、間違いなく法廷で争われるだろう。インフレ率が上昇し、労働力不足が長引くパンデミックの最中に、雇用者と従業員の両方にさらなる負担を強いることは、まったく受け入れられません」と述べている。
アラスカ州の マイク・ダンリービー知事は、「これは馬鹿げており、強制力がない。もし憲法修正第25条の必要性があったとしたら…”

スポンサーリンク


アーカンソー州 アーカンソー州のエイサ・ハッチンソン知事は、「全米のワクチン接種率を高めるための継続的な努力を全面的に支持しますが、連邦政府が民間企業に強制することは正しい答えではない。私は、企業が従業員に予防接種を義務付ける自由を一貫して支持しており、政府が企業にその自由を行使できないと言うことに反対してきた。同じ原則で、すべての従業員にワクチン接種を義務付ける政府の行き過ぎた行為から民間企業を守るべきだ」

アリゾナ州の ダグ・ドゥシー知事は、「これこそが、アリゾナ州で懸命に防ごうとしてきた政府の越権行為だ。今、バイデン・ハリス政権は、前例のない危険な方法で、民間企業や個人の自由に打撃を与えようとしている。これは法廷では絶対に認められない。この独裁的なアプローチは間違っており、アメリカ的ではなく、利益よりもはるかに大きな損害をもたらすだろう。どれだけの労働者が離職するだろうか?どれだけの子供たちが教室に入れなくなるだろうか?どれだけの企業が罰金を科せられるのだろうか。ワクチンは選択できるものであり、そうあるべきものだ。私たちは反撃しなければならないし、するつもりだ

ジョージア州の ブライアン・ケンプ知事は、「バイデン政権によるこの露骨な違法行為を阻止するために、ジョージア州が利用できるあらゆる法的手段を追求する」と述べた。

インディアナ州 インディアナ州の司法長官は、「アメリカの労働者に予防接種を受けさせないと職を失う危険性があるというバイデン氏の決定は、バナナ共和国の独裁者に期待されるものだ。インディアナ州では、命令によって支配することはありません。私は、大統領が我々に保証された自由と経済を同時に破壊することを許しません。”

スポンサーリンク


アイオワ州の キム・レイノルズ知事は、「バイデン大統領は、連邦政府を私たちの生活にさらに深く入り込ませようとする危険で前例のない措置をとっており、アイオワ州民やアメリカ人が自分たちで医療に関する意思決定を行う能力を否定している。バイデン大統領の計画は、労働力不足を悪化させ、経済の回復をさらに妨げるものです。ずっと言ってきたように、私はアイオワ州民が自分と家族のために最善の健康上の決断をすることを信じ、信頼しています。バイデン大統領にも同じことをしていただく時が来ました。もう十分でしょう。

ミシシッピ州の テイト・リーブス知事は、「大統領には、民間企業で働いていることを理由に、アメリカ人に予防接種を義務付ける権限はない。ワクチン自体は命を救うものですが、この違憲的な動きは恐ろしいものがあります。ここはまだアメリカであり、私たちはまだ暴君からの自由を信じています。”

ミズーリ州の ミズーリ州の マイク・パーソン知事は、「バイデン政権が最近発表した、個人の自由や個人のビジネス上の決定に口出ししようとする行為は、個人の自由と自由な企業活動というアメリカの原則に対する侮辱です。このような連邦政府の強引な行動は、我が州では歓迎されず、勤労者の家庭に危険な結果をもたらす可能性があります。ワクチンは重篤な病気から私たちを守ってくれますが、予防接種を受けるかどうかは個人の健康管理上の決定であり、そのように維持されるべきです。私の政権は、連邦政府の権力の掌握や、私たちの自由を脅かす政府の越権行為に対して、常に反撃していきます」と述べています。

モンタナ州の グレッグ・ジャンフォルテ知事は、「バイデン大統領の予防接種義務化は非合法であり、非アメリカ的である。私たちは、この連邦政府の重大な越権行為に対して、モンタナ州民の自由と制約を守ることを約束します」と述べています。

ネブラスカ州 ピート・リケッツ知事は、「バイデン大統領の発表は、個人の自由に対する見事な侵害であり、連邦政府の権力の乱用である。この計画は公衆衛生の問題ではなく、政府がコントロールし、個人の自由を奪うものです。

スポンサーリンク

参考記事

【バイデン政権、片っ端からウ◯をつく】ペロシもサキもウ◯つきだったと大批判/バイデンたちはワクチンを義務付けないという彼の約束を破り、ワクチン義務化、マスク強制。
バイデンはワクチンを義務付けないという彼の約束を破る 10 September 2021 ・バイデンはワクチンを義務化しないという約束を破った。COVID注射は義務化しないと繰り返し主張してきた。 ・バイデンは、1億人もの...続きを読む
【動画】45thトランプ大統領の、9.11に寄せたビデオが感動を呼ぶ/トランプのセーブ・アメリカが9.11の20周年に「You Will Never Be Forgotten」の追悼ビデオを発表。
トランプのセーブ・アメリカが9.11の20周年に「You Will Never Be Forgotten」の追悼ビデオを発表。 祖国で我々から奪われたすべての母と父、姉と弟、息子と娘のために、我々は共に悲しみました。ツインタワーで私たちか...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました