社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【高市氏猛追:決選投票必至】党員:河野氏41%・岸田氏22%・高市氏20%、未定11%、国会議員:岸田氏94人(25%)、河野氏83人(22%)、高市氏71人(19%)、未定(30%)/ネットの声「完全に背中が見えた」「安倍氏も本気出しているし、逆転十分可能」

政治
スポンサーリンク

総裁選の党員投票先、河野氏41%・岸田氏22%・高市氏20%

読売新聞社は18~19日、自民党総裁選(29日投開票)について党員・党友を対象に電話調査を行った。

投票先は、河野太郎行政・規制改革相が41%でトップで、岸田文雄・前政調会長22%、高市早苗・前総務相20%、野田聖子幹事長代行6%と続いた。国会議員の支持動向調査では、岸田、河野、高市の3氏が競り合っており、1回目の投票で誰も過半数に届かず、上位2人の決選投票となる可能性が高まっている。

党員調査は全47都道府県で実施し、総裁選の投票権を持つ党員・党友だと確認できた1514人から回答を得た。

投票先の調査結果を基に、党員・党友票(382票)を試算すると、河野氏177票、岸田氏94票、高市氏86票、野田氏25票となる。投票先を明らかにしなかった11%は試算に含めなかった。

一方、読売新聞社が行った党所属国会議員の支持動向調査では、岸田氏94人(25%)、河野氏83人(22%)、高市氏71人(19%)と3氏が競い、野田氏は16人(4%)となっている。調査は6日から始め、19日までに投票権を持つ議員382人の99%にあたる379人の意向を確認した。「未定」「答えない」が約3割を占めている。

党員票と議員票の合計では、トップの河野氏でも4割に届いていない。総裁選は、竹下亘・元総務会長の死去に伴い、衆参両院の議長を除く国会議員票と、同数の党員票を合わせ計764票で争われる。決選投票になった場合は、国会議員票382票と47都道府県連各1票の計429票で競う。(讀賣抜粋、記事全文は以下)

総裁選の党員投票先、河野氏41%・岸田氏22%・高市氏20%・野田氏6%…読売調査 : 政治 : ニュース
自民党総裁選2021特集コーナー  読売新聞社は18~19日、自民党総裁選(29日投開票)について党員・党友を対象に電話調査を行った。投票先は、河野太郎行政・規制改革相が41%でトップで、岸田文雄・前政調会長22%、高市

ネットの声

安倍氏も本気出しているし、逆転十分可能!

決選投票に行けば、確実に河野氏の目は消えるだろう。2位に入る岸田か高市かだ。

1位は河野でいい。2位に食い込めば麻生、安倍連合で高市氏の可能性大。

勢いは高市氏にある、このまま行けばあと10日で逆転できる。

決戦確実というのは良いニュース。とにかく2位に飛び込めば、可能性は大。

接戦だ!なんとしても2位に食い込む必要あり。

タイトルとURLをコピーしました