社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【世論調査:アフガン、国境危機でバイデンの評価は石のように沈んだ】大多数がトランプの復帰を望んでいる。それもかなりの差で/2024: トランプがバイデンを10ポイント上回る/民主党員の5人に1人はトランプに投票する(Rasmussen Reports)

事件
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏

2024: トランプがバイデンを10ポイント、ハリスを13ポイント上回る”

スポンサーリンク

Rasmussen Reports

トランプ2024は(出馬してくる)バイデンかハリスのどちらかを打ち負かす。

5人に1人の民主党員は、バイデンかハリスのどちらかよりもトランプに投票すると言っている。

スポンサーリンク

大多数がトランプの復帰を望んでいる

ジョー・バイデン大統領が大統領執務室の鍵を握ってからわずか247日で、大多数の人々が彼を追い出し、ドナルド・トランプ前大統領に戻ってくることを望んでいるようだ。

有権者の多くは、選挙当日にもう一度チャンスがあれば、バイデン氏やカマラ・ハリス副大統領ではなく、トランプ氏を選ぶと答えた。それも、かなりの差で。

今朝発表された最新のラスムッセン・リポート調査によると、トランプ氏とバイデン氏の選挙では、トランプ氏が51%対41%で勝利するとのことだ。独立系有権者は、現職よりも20ポイント差で圧倒的に共和党を選ぶだろう。

ハリス氏に対しては、トランプ氏が52%-39%で勝利する。また、民主党員の5分の1がトランプ氏に投票するとしている。

スポンサーリンク

この調査は、バイデン氏が石のように沈んでいることを示す数多くの調査の中でも最新のものだ。

アフガニスタンからの米軍と外交官の撤退や、米国とメキシコの国境を越えた不法移民の急増により、多くの人々が支持を失っている。

また、バイデン氏の能力や、再選に向けて長くオフィスにとどまることができるかどうか、人々が不安を募らせていることを示すものもある。

同時に、有権者はトランプ氏の再出馬をなかなか温かく見守ってきました。しかし、それも終わりに近づいているようだ。

Rasmussenの調べによると、トランプ氏の再出馬を望む有権者は、そうでない人よりも多いようです。48%-44%の差で、彼らは世論調査員に2024年に出馬するのは良いアイデアだと答えた。

今週末にジョージア州で集会を開催する予定のトランプ氏は、再出馬をほのめかしており、彼のトップアドバイザーは、2024年の出馬は間違いないと示唆している。

また、56%-40%の大差で、有権者は「トランプをより評価するようになったし、今はもう少しトランプのタフネスが必要だ」と思っている。

2024: Trump over Biden by 10 points, Harris by 13
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】ヒラリー・クリントンは2018年に不◯選挙の手口を語っていた/「次は実際の選◯を混乱させるために、結果を送信するサーバーをシャットダウンして・・・」
ヒラリーは不◯選挙を語っていた ヒラリー・クリントン「私が会ったシリコンバレーのテキスト専門家の中には、次は実際の選◯を混乱させるために、結果を送信するサーバーをシャットダウンして、投◯機の操作を妨害するのではないかと言う人もいます」 ...続きを読む
マヨルカス国土安全保障省長官「国境で拘束されたハイチ人12,000人が米国全土に放たれた。移民の多くはCovidの検査を受けていない」と発言、共和党は激怒/「ノーマスクの2歳の赤ちゃんを飛行機から引きずり下ろすのに、不法入国者はテストもせずに解放か!」
マヨルカス国土安全保障省長官「12,000人が米全土に解放された」 マヨルカスDHS長官は、南の国境で拘束されていたハイチ人が「1万人か1万2千人」、アメリカ全土に解放されたと述べてた。「もっと多いかもしれません」 1万2千人の...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました