社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【組閣】またも国交相は公明党にネットは嘆息/野田聖子氏の入閣が固まる/石破派の齋藤健元農水相を入閣させる案も浮上/ネット「赤羽氏がやめたら今度は斉藤氏。なんで国交はいつも公明?」「野田氏に石破派?大丈夫?」「冴えない布陣。これで選挙戦えるの?」

事件
スポンサーリンク

【速報】国交相に公明・斉藤副代表起用へ あす組閣 調整大詰め

2021年10月3日

自民党の岸田総裁は、4日の組閣に向け、人事の大詰めの調整を続けていて、新たに国土交通相に、公明党の斉藤鉄夫副代表の起用が固まった。

岸田総裁は、公明党の赤羽国交相の後任に、公明党の斉藤鉄夫副代表を起用する意向を固めた。

このほか、閣僚人事では、官房長官に松野博一氏、財務相に鈴木俊一氏の起用が内定し、茂木外相の再任が固まっている。

萩生田文科相と岸防衛相は、再任か横滑りの方向で調整している。

スポンサーリンク


そして、岸田総裁は新たに、二階派で当選3回の小林鷹之氏を初入閣させる方針を固めた。

新たに設置する、経済安全保障を担当するポストへの起用が有力視されている。

また、総裁選を戦った野田聖子氏の入閣が固まり、無派閥の後藤茂之氏、岸田派の金子恭之氏の入閣が有力視されている。

さらに、麻生派の山際大志郎氏、竹下派の西銘恒三郎氏の入閣が検討されているほか、石破派の齋藤健元農水相を入閣させる案も浮上している。

【速報】国交相に公明・斉藤副代表起用へ あす組閣 調整大詰め
自民党の岸田総裁は、4日の組閣に向け、人事の大詰めの調整を続けていて、新たに、国土交通相に公明党の斉藤鉄夫副代表の起用が固まった。岸田総裁は、公明党の赤羽国交相の後任に、公明党の斉藤鉄夫副代表を起用する意向を固めた。このほか、閣僚人事では、官房長官に松野博一氏、財務相に鈴木俊一氏の起用が内定し、茂木外相の再任が固まって...続きを読む
スポンサーリンク

ネットの声

赤羽氏がやめたら今度は斉藤氏。なんで国交はいつも公明党なの?

日本の土地を中国から守ってくれよ!守れない理由でもあるの?

野田氏に石破派?なんでこの2人に関連する人入れるのかな。

冴えない布陣だな。これで選挙戦えるの?

岸田氏がこんなに選挙戦略がない人だとは思わなかった。高市さんを自民党の顔にすれば選挙は楽勝だったのに。

岸田氏の顔じゃ選挙戦えないんだから、選挙の顔が必要。それなのに地味な人ばかり。

衆院議員は今頃肝を冷やしているのでは。

過半数割らないにしても、現行勢力から激減したら岸田離れが起きる。参院選の前に岸田おろしが始まるかも。

スポンサーリンク

参考記事

当選3回の小林鷹之氏が入閣の方向/小林氏は二階派ながら早々に高市支援を決め、出陣式で「檄」コールを行なった/ネット「信頼できる。国防が何より大事と言っている」「ポエム大臣より、はるかにしっかりしている」「実質二階派は解散だからね」
当選3回の小林鷹之氏が入閣の方針 岸田文雄総裁 10/2(土) 自民党の岸田文雄総裁は2日、小林鷹之衆院議員(46)=二階派=を入閣させる方針を固めた。 小林氏は当選3回で、防衛政務官などを務めてきた。ポストは今後、調...続きを読む
2F、次期衆院選出馬の意向「次の衆院選に私が立候補するのは当たり前のことじゃないか」/ネット「和歌山3区の良識が問われる選挙」「世耕氏は鞍替えで出ないのかな」「自民党の定年制ってどこいったの?」
二階氏、衆院選出馬の意向 10/2(土) 自民党の二階俊博前幹事長(82)は2日、来月7日投開票で調整されている衆院選に立候補する意向を明らかにした。 和歌山県みなべ町で記者団に「次の衆院選に私が立候補するのは当たり前のことじ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:公明党HP)

タイトルとURLをコピーしました