社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【アリゾナ監査の連鎖】ウィスコンシン州下院議長、選挙監査で召喚状に署名/ウィスコンシン州選挙管理委員会の管理者、ミルウォーキー選挙管理委員会事務局長ら4人に召喚状

事件
スポンサーリンク

ウィスコンシン州下院議長、選挙監査で召喚状に署名

2021年10月1日

ウィスコンシン州のロビン・ヴォス下院議長(共和党)が、同州の選挙監査における最初の召喚状に署名した。これは、2020年の選挙戦に対する物議を醸す見直しがエスカレートしていることを示す最新の兆候である。

ヴォス氏は金曜日の朝に声明を出し、召喚状は元州最高裁判事のマイケル・ガブルマン氏が指揮する共和党主導の調査の一環として提出されたものであり、ガブルマン氏は以前にアリゾナ州の選挙監査の現場を訪れたことがあると述べた。ガブルマン氏は、情報提供の要求に応じない選挙管理者に召喚状を発行する可能性があることをすでに警告していた。

“2020年の選挙が公正かつ合法的に実施されたことを確認することは、我々の選挙システムへの信頼を維持するために決定的に重要である “とヴォス氏は述べています。「ガブルマン判事は真実を見つけることに専念しており、調査を進めるために召喚状が必要だと判断しました。議会共和党は、選挙への信頼が完全に回復するよう、ガブルマン判事と協力していきます」と述べている。

この声明には、誰が対象となっているかについての情報は含まれていませんでしたが、グリーンベイ市書記のセレスティン・ジェフリーズとミルウォーキー選挙管理委員会事務局長のクレア・ウッドール・ヴォッグの両氏は、ヴォス氏が署名した召喚状を受け取ったことをThe Hillに確認した

Wisconsin House speaker signs subpoenas in election audit - Libertas Writers
From THEHILL.COM Wisconsin state House Speaker Robin Vos (R) signed off on the first subpoenas in an election audit in the state, the latest sign the controvers...続きを読む
スポンサーリンク

ウィスコンシン州の特別顧問マイケル・ガブルマン氏が2020年選挙の調査で召喚状を発行 – 正義は果たされるのか?

2021年10月1日

ウィスコンシン州特別顧問のマイケル・ガブルマン氏は、2020年選挙の不正調査の一環として、ウィスコンシン州の選挙関係者を召喚した。

マイケル・ガブルマン特別顧問は、2020年の選挙に関する調査の一環として、ウィスコンシン州選挙管理委員会の管理者、ミルウォーキー州選挙管理委員会の事務局長、4人の市の事務員に召喚状を出した

金曜日の朝、ウィスコンシン州選挙管理委員会の管理者であるミーガン・ウルフ氏、ミルウォーキー州選挙管理委員会のディレクターであるクレア・ウッドール=ヴォッグ氏、マディソン、グリーンベイ、ラシーン、ケノーシャの市の事務員、そしてラシーン市長の元エグゼクティブ・アシスタントであるコーリー・メイソン氏に召喚状が出されたと関係者が語っている。

Wisconsin Special Counsel Michael Gableman Issues Subpoenas in His 2020 Election Probe - Will Any Justice Be Served?
Wisconsin Special Counsel Michael Gableman has subpoenaed Wisconsin election officials as part of his investigation into the 2020 Election irregularities. The W...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【45thトランプ大統領】勝利したテキサス州でも監査実施を要請/テキサス州での「強力かつ本物の法廷監査」に向けた、新たな展開について声明を発表
トランプスポークスマン、リズ・ハリントン氏 ドナルド・J・トランプ大統領、テキサス州での強力かつ本物のフォレンジック監査に向けた新たな展開について声明を発表 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプの声明 SAVE...続きを読む
【HUGE!:ヒラリー詰みか!?】ダーラム特別捜査官、ヒラリー・クリントンにメス/2016のヒラリーの選挙対策本部のサスマン弁護士を起訴。その捜査を踏まえ、さらにクリントンと民主党全国委員会の法律事務所に新たな召喚状を発行した
要点 ・2016年大統領選の時期ロシア疑惑=ヒラリー疑惑 2016年ヒラリー陣営の弁護士サスマン容疑者は、トランプ陣営がロシアの銀行を通じてロシア当局との間で秘密の通信を行っているという話をFBIに持ち込んだのだが、それが事実無根で...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました