社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【世論調査:全米で疑われるバイデン】 国民はアフガン撤退に関しバイデンではなくミリー将軍を信じている/バイデンを信じている人は、わずか21%/アフガン撤退でミリー将軍は「部隊を残留させるべき」とバイデンに進言したと公聴会で述べ、バイデンは「聞いていない」

政治
スポンサーリンク

バイデンが真実を語っていると思っている人は、わずか21%

「ジョー・バイデン大統領は先月のインタビューで、アドバイザーがアフガニスタンに2,500人の部隊を駐留させることを推奨していたことを否定しましたが、これはミリー将軍の証言と矛盾します。バイデン大統領とミリー将軍、どちらが真実を語っていると思いますか?

「調査:バイデンは真実を語っているか?」1000人の全米有力有権者 – 加重D38、R36、IND26

スポンサーリンク


男性:20、女性: 23、白人: 16、黒人: 37、その他の非白人:27、民主党: 39、無所属の人 12%、共和党: 9、すべての有権者:21%

ミリー将軍は「撤退に際し部隊を残留すべきとバイデンに進言した」バイデンとミリー将軍の証言が食い違った。

スポンサーリンク

有権者は、アフガニスタン撤退に関して、バイデンではなくミリー将軍を信じている

2021年10月01日(金

米国のアフガニスタン撤退計画について、統合参謀本部議長がジョー・バイデン大統領の発言を否定した後、有権者の大多数はマーク・ミリー統合参謀本部議長が真実を語っていると考えており、彼の計画はバイデン大統領の計画よりも優れていると答えている。

ラスムッセン・リポートの全国電話・オンライン調査によると、米国の有力有権者の60%が、今週ミリーがバイデンに提言したように、2,500人の米軍をアフガニスタンに駐留させておく方が、米軍の完全撤退よりも良かったと考えている。また、24%の人はそうは思わず、アフガニスタンからの完全撤退を支持し、16%の人はわからないと答えた。

この調査は、Rasmussen Reportsが2021年9月29日から30日にかけて、米国の有力有権者1,000人を対象に実施したものです。サンプリング誤差は±3%ポイントで、信頼度は95%です。

Voters Believe General Milley, Not Biden, on Afghanistan Withdrawal
After the Chairman of the Joint Chiefs of Staff contradicted President Joe Biden’s statements about plans for the U.S. withdrawal Afghanistan, a majority of vot...続きを読む

どちらかが嘘をついている。軍幹部「バイデンに進言した」と上院公聴会で証言。バイデンは「聞いていない」

全米に広がるFジョー・バイデンの波

 

タイトルとURLをコピーしました