社会の話題と反応を発信していくネットメディア

有権者の56%が、不◯行為が2020年の大統領選挙の結果に影響を与えたと考えている/郵便投票は、有権者の2/3が不◯行為を引き起こすと考えている(Rasmussen Reports)

事件
スポンサーリンク

不正行為が2020年の大統領選挙の結果に影響を与えた可能性はどれくらいですか?”

大多数、可能性あり。2021年4月 – 51% … 2021年10月 – 56

民主党支持:現在32% – 30%
無党派:現在54%・・・51%
共和党支持:現在84%、以前74
すべての有権者:現在56% – 以前51%

郵便投票:ほとんどの有権者は、それがより多くの不正行為を引き起こすと考えている。

スポンサーリンク

郵便投票:ほとんどの有権者が不正行為の増加につながると考えている

2021年10月11日

昨年の選挙では、COVID-19パンデミックへの対策として郵便投票が導入されましたが、現在では郵便投票を恒久化する州が増えており、有権者の3分の2近くが、その結果、選挙での不◯行為が増えると考えています。

Rasmussen Reportsの全国電話・オンライン調査によると、米国の有力有権者の65%が、郵便投票の普及により選挙での不◯行為が増えると考えており、そのうち51%が「非常にありそうだ」と答えています。郵送投票の拡大が不正行為の増加につながると考えていない人は28%で、そのうち14%は「全くないと思う」と答えています。(アンケートの質問文を見るには、ここをクリックしてください。)

この調査は、Rasmussen Reportsが2021年10月7日と10日に米国の有力有権者1,000人を対象に実施したものです。サンプリング誤差は±3%ポイントで、信頼度は95%です。

Vote-By-Mail: Most Voters Think It Will Cause More Cheating
Last year’s election featured mail-in voting as a measure to cope with the COVID-19 pandemic, but now more states are making vote-by-mail permanent, and nearly ...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【怒りのシカゴ】シカゴ警察の組合長は、警官にワクチン接種の義務化に反対するよう促す/シカゴ警察の組合長「義務を実行しようとするならば、シカゴ警察の職員は半分以下になる」「ライトフット市長の政権を法廷闘争に持ち込む」
シカゴ警察の組合長が警官にワクチンの義務に逆らうよう促す シカゴ警察の組合長、警官にワクチン接種の義務化に反対するよう促す 10月14日 シカゴ(AP) - シカゴの警察官組合の責任者は、金曜日までにCOV...続きを読む
【45thトランプ大統領声明】ジョージア州の判事が投票用紙を見ることを拒否したが、これは国の恥だ!戦いは続く。私たちは決してあきらめない/GA州高裁はアトランタ市フルトン郡での監査要請を却下した
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 また始まった。長い間待たされた挙句、ジョージア州の判事が投票用紙を見ることを拒否したが、その投票用紙がひどいものであることは間違いない。この状況は、国の恥と言えるだろう。なぜ国民は投票用紙...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました