社会の話題と反応を発信していくネットメディア

アリゾナで新たな疑惑と証拠!【45thトランプ大統領声明:直ちに新たな選挙が行われるべきだ!】アリゾナ州ピマ郡の郵送投票用紙の返品率は100%を超えていた。 40の選挙区で97%以上の郵送投票用紙が返送されたー完全に不可能。これはあり得ない数字だ!

政治
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏「ドナルド・J・トランプ大統領、アリゾナ州ピマ郡での不利な調査結果について新たな声明を発表」

“新たな選挙が直ちに行われるか、過去の選挙が認定解除され、共和党候補が当選者として宣言されるべきである。”

“彼らは手を出しすぎて、捕まってしまった。ピマ郡の2つの選挙区では、郵便投票の投票率が100%を超えていましたが、これは不可能です。

郵便投票率が99.5%の1つの地区では、9,812票がカウントされた

投票率が100.6%の別の選挙区では、2,182票が返送されたが、郵送されたのは2,170通のみ

「これら2つの合計11,994票は、勝つために必要なマージンを超えている

99%と100%の投票率は第三世界の国で得られるものであり、我々はそうなりつつある(犯罪、国境、アフガニスタン、食料価格、エネルギー価格、そして空の店の棚などを見てほしい)、これをすぐに修正しない限り!” – ドナルド・J・トランプ大統領

スポンサーリンク

アリゾナの不自然

ピマ郡のフィッシュテール

トランプ大統領は、郵送投票で共和党を3%上回った バイデンは郵送投票で民主党を3%下回った しかし、郵送投票用紙が平均より20%高い92%以上で殺到し始めたとき、突然バイデンはトランプを上回り始めた

アリゾナ州ピマ郡の郵送投票用紙の返品率は100%を超えていた。

40の選挙区で97%以上の郵送投票用紙が返送された完全に不可能 もちろん、これはバイデンが「アウトパフォーム」した場所だ。レートが正常な場合、トランプは共和党のレートを3%上回り、バイデンは民主党のレートを3%上回る。

スポンサーリンク

トランプ大統領、アリゾナ州ピマ郡の調査結果を発表!投票率100%以上も!?”直ちに新しい選挙を行うか、過去の選挙の認証を取り消すべきである”

2021年10月15日

ドナルド・トランプ大統領は本日、アリゾナ州ピマ郡で発見された新たな「不利で決定的な」情報を明らかにする声明を発表しました。

ピマ郡の郵便投票分析から得られたこれらの新しい発見は、非難すべきものであり、決定的なものです。架空の票がシステムに挿入されたことを示している。

トランプ大統領は本日、声明を発表した。

アリゾナ州ピマ郡の郵便投票の新しい分析は、選挙が2020年の共和党、特にその大統領候補者から不◯にスチー◯されたことを意味する。

公開されている選挙データから導き出された分析結果によると、ピマ郡の郵便投票の返礼品には驚異的な異常と架空の票が含まれており、彼らが投票箱に詰め込んだことが明らかになっています(いくつかの地区では、送られてきたよりも多くの投票用紙が使われていました!)。

郵便投票が通常よりもはるかに多く(87%以上)寄せられるようになると、この傾向は逆転した。つまり、トランプが勝つことが明らかになったとき、彼らは行動を開始したのだ。

スポンサーリンク


郵便投票がどんどん詰め込まれていくと、バイデンの数字は大きく上昇した。しかし、彼らは手を出しすぎて捕まってしまった。

ピマ州の2つの地区では、郵便投票の投票率が100%を超えていたが、これは不可能なことだ。全米の郵便投票の回収率は71%でしたが、ピマ郡の郵便投票の回収率は15%高く、アリゾナ州の全郡の合計よりも19%高かった。

郵便投票率が99.5%のある管区では、9,812枚の投票用紙が数えられました。投票率100.6%の別の管区では、2,182枚の投票用紙が返送されましたが、メールインは2,170枚しか送られなかった。

92%以上のメールインリターン率の管区は264,000票を占めている。もし、わずか2%が不正で、つまりトランプ票がバイデンに流れたとすると、アリゾナ州のいわゆるマージン10,457票を変えるのに十分だ

司法省はこの情報を2020年11月の選挙の時から持っていたが、何もしていない。ピマ郡GOPは、明らかな架空の有権者を特定し、システムから削除するために、共和党の有権者の投票を開始すべきだ

さらに、アリゾナ・オーディットは、封筒のない6,545通の郵便投票、2,580通の郵便投票用封筒への不正な署名、1,919通の署名のない郵便投票用封筒など、数万通の不◯票を発見しており、これも決定打となり、差を超えている

新たな選挙を直ちに実施するか、過去の選挙を認証解除して共和党候補を当選者とするべきだ。

スポンサーリンク


アメリカ国民から票が盗まれ、アリゾナではすでに逮捕されていますが、全米の弱小議員と臆病な連邦政府はまったく何もしていない。

アリゾナ州上院議員のウェンディ・ロジャースは最近、全国的な監査、必要に応じた認証の取り消し、不◯選挙に対処するための米下院セッションを求める「新独立宣言」を発表した。

アリゾナ州議会議員のマーク・フィンケム氏は、ピマ郡を監査して証拠を記録するために戦っている。彼は、ピマ郡を法医学的に監査し、これらの矛盾をさらに調査するための全国的な請願を開始した。

マリコパ郡の監査で得られたこれらの証拠やその他の証拠はすべてアリゾナ州司法長官の手に渡っており、彼はアメリカを取り戻すために行動を起こす必要がある。

今回の選挙はすぐにでも認証解除されるべきだが、私たちが選んだ議員が私たちのために戦う不屈の精神を持つまで、すべてはマーク・ブルノビッチ司法長官の手に委ねられているのだ。

BREAKING: President Trump Releases Findings from Pima County AZ - Precincts with Over 100% Turnout! "Either A New Election Should Immediately Take Place Or The Past Election Should Be Decertified"
President Donald Trump released a statement today revealing new “damning and determinative” information discovered in Pima County, Arizona. The Gateway Pundit r...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【イタリア混乱:動画あり】イタリアで実施された「健康パスポート」の義務化に反対し、トリエステ、ジェノバ、アンコーナの港湾労働者は港を封鎖/今日からすべての国民が職場に入る際に「健康パスポート」を所持が必要。違反の場合は出勤停止に
イタリアで「健康パスポート」義務化 NEW - イタリアでは、今日からすべての国民が職場に入る際に有効な「健康パスポート」を所持しなければなりません。これに従わない場合、出勤停止や企業への罰金が科せられます。 トリエステとジ...続きを読む
【またまた高市効果】岸田首相、高市氏が提唱していた「敵基地攻撃能力」の保有に明記意欲/安倍首相が提案していたが後任の菅首相が棚上げしていた/ネット「高市さんの進言がでかい」「高市さんの政策が次々入っている」「ガースーがダメだったところはこういうところ」
「敵基地攻撃能力」の保有、首相が明記意欲…改定時期「できるだけ急ぎたい」 10/16(土) 岸田首相(自民党総裁)は15日、読売新聞のインタビューに応じ、敵のミサイル発射基地などを自衛目的で破壊する「敵基地攻撃能力」の保有について、...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました