社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ポンペオ前国務長官/「自由は不正によって奪われたりはしない」「自由を守るために、我々は2022年の中間選挙で下院と上院を取り戻す」

政治
スポンサーリンク

ポンペオ前国務長官「自由は不正によって奪われたりはしない」

私たちの権利と自由は神によって私たちに与えられたものであり、人間の不正によって奪われることはない。

私たちの自由を守るために、我々は2022年の中間選挙で下院と上院を取り戻す必要がある。

スポンサーリンク

ポンペオ前国務長官「世界をアメリカがリードすべきだ」

アメリカが力強くリードすれば、世界はより安全な場所になる。

急進的な民主党は、アメリカン・ドリームを社会主義の悪夢に変えるまでやめない。

スポンサーリンク

ポンペオ前国務長官「バイデンが教育に関して、FBIを動員していることは言論の自由と憲法に対する脅威だ」

親は子供の教育に深く関わるべきである。

バイデン政権が学校教育に関してFBIを動員していることは、言論の自由と憲法に対する脅威だ。

スポンサーリンク

バイデン政権は左翼教育団体と結託し、学校で教えられているマルクス主義の批判的人種理論に反対する親を調査するために、FBIを利用した

全米教育委員会協会(National School Boards Association)は、過激な活動では知られていないが、FBIを全国に配備するための口実となる手紙を司法省に出していた。それは、FBIを全国に展開するための口実となるものだった。さらにその手紙は、保護者を「家庭内テロとヘイトクライム」の容疑者として告発するものだった。

AFLの法的メモが司法省監察官に提出されたことは、保守系トークラジオ司会者で作家のマーク・レヴィン氏が木曜日の夜に速報しました。

「連邦政府は、アメリカ市民を黙らせ、脅すために権力を行使している」とレビンは語った。「彼らは言論の自由を奪おうとしている」と述べた。

スポンサーリンク

マーク・レビン氏は、オンラインで公開されている書簡の一部を読み上げた。

司法省は、2021年10月4日付の司法長官覚書に照らして、不適切な党派的目的のために、親が憲法で保護された権利や特権を行使するのを阻止するために、連邦法執行機関のリソースをフルに投入しているようだ」と書簡には書かれています。

AFLは、バイデン政権が左翼教育団体と結託して、FBIが親を標的にすることを合理化したと主張している。

全米教育協会や全米教職員連盟など、バイデン政権の主要な関係者は、親を抑圧し、脅し、脅迫して、憲法で保障された権利や特権の行使を冷遇し、阻止するために協力してきた。現在までのところ、これらの取り組みは、広範囲に及んでいるものの、一般的には効果がないことが証明されている」(beckernews、抜粋)

Biden Administration Colluded with Left-wing Education Groups over FBI Targeting Parents Who Oppose CRT
"On or about September 29, citing legal authorities including the Patriot Act, the 'National School Boards Association' made public a letter demanding federal a...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】2016トランプVSヒラリー、大統領候補者討論会。得意満面のヒラリーを一撃でノックアウトしたトランプのひとこと。
2016トランプVSクリントン、大統領候補者討論会 ヒラリー・クリントン「ドナルド・トランプのような気性の持ち主が、我が国の法律を担当していないことは、ひどく良いことだと思う」 「なぜなら、あなたは刑務所に入ることになるからだ」 ...続きを読む
【動画あり】バイデンファンは決して見ないでください。これまでで一番ひどい動画です/ネット「もう隠せない」「バイデンは確実にひどくなっている」「決定的だ・・・」
バイデン氏がワクチンスピーチでアル◯ハイ◯ー大統領になりきった OCT. 7, 2021 認○症の大統領は、今日のワクチン演説の一部を乗り切るのに大変な苦労をしたようです。 「ジョー・バイデンのスピーチはうまくいった」のツイー...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました