社会の話題と反応を発信していくネットメディア

共和党、マルコ・ルビオ議員が対中制裁法案を提出、上院で可決 尖閣など念頭/ルビオ議員「自由で開かれたインド太平洋にとって、中国共産党と人民解放軍よりも大きな脅威はない」「米国は、中国による不法な領海主張に対抗するためにさらなる手段が必要だ」

中国
スポンサーリンク

米上院外交委、対中制裁法案を可決 尖閣など念頭

2021.10.20

米上院外交委員会は19日、中国による東・南シナ海での覇権的な海洋進出に対抗することを目的とした超党派での「南シナ海・東シナ海制裁法案」を賛成多数で可決した。法案成立には上下両院の本会議でそれぞれ可決後、バイデン大統領の署名が必要となる。

同法案は、東シナ海の尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺や韓国管轄海域などの平和と安定を脅かす中国の政策に関与した当局者や団体などに対し、資産凍結とビザ(査証)発給拒否の制裁措置を科すよう大統領に迫る内容。中国が主権や権益を主張し、フィリピンなど周辺国との領有権争いが続く南シナ海についても、同様の措置を求めている。

スポンサーリンク


また法案は国務省に対し、中国の主権主張を承認する国々に関する報告を定期的に議会へ提するよう求めているほか、そうした国々には一部の援助を停止することも盛り込まれている。

法案を提出したルビオ上院議員(共和党)は19日の声明で、「自由で開かれたインド太平洋にとり、中国共産党と人民解放軍よりも大きな脅威はない」と指摘し、「米国は、中国による不法な領海主張に対抗するためにさらなる手段が必要だ」と同法案の意義を訴えた。共同提出者のカルディン上院議員(民主党)は「(法案は)米国が交易や航行の自由、同盟国の主権を守り抜くとの超党派による強力なメッセージ」になると強調した。

米上院外交委、対中制裁法案を可決 尖閣など念頭
【ワシントン=大内清】米上院外交委員会は19日、中国による東・南シナ海での覇権的な海洋進出に対抗することを目的とした超党派での「南シナ海・東シナ海制裁法案」を賛…
スポンサーリンク

マルコ・アントニオ・ルビオ

1971年5月28日生まれ。アメリカ合衆国の政治家、フロリダ州弁護士。共和党所属の上院議員。マイアミ大学法務博士(Juris Doctor)。キューバ系アメリカ人。カトリック教徒。

マルコ・ルビオ - Wikipedia

参考記事

【動画あり】NHK党立花氏、またもド世論!「外交は武力を背景にしないと相手国に舐められる」「憲法9条より国民の生命と財産を守る事が、政治家にとっては重要な使命」「敵基地攻撃能力と、エネルギーの自給自足である原発の再稼働を推し進める」/ネットは絶賛の嵐
外交するには武力を背景にしないと相手国に舐められる。憲法9条より国民の生命と財産を守る事の方が、政治家にとっては重要な使命 立花孝志「外交するには武力を背景にしないと相手国に舐められる。日本の場合、侵略の為の武力の保有は許されていないが、...続きを読む
【国境危機:バイデン政権もう無茶苦茶】未成年の移民を静かに再定住させようと、ニューヨーク郊外に密かに飛行機で送り込んでいることがバレて、非難轟々!
テネシー州下院議員、ティム・バーケット氏 不法入国者や審査を通過していない移民を密かに米国内に飛ばすことは、ジョー・バイデンの国境危機に対する最善の解決策だ。この政権は最悪だ。 フォックス記者の質問にサキ報道官はタジタジ デュ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました